ライター : Kuminy

食べて作って旅するライター

『美味しい&カワイイ』スイーツ探し・お菓子作りを日々楽しんでいるライター。 旅行中も名所巡りと共にグルメ巡りを欠かさない。 お菓子のお供であるお茶にも興味を持ち、趣味で日本茶検…もっとみる

成城石井らしさあふれるオリジナル冷凍食品

Photo by Kuminy

忙しい日の食卓にはとっても便利な冷凍食品。近年の進化には目覚ましいものがあります。成城石井の冷凍食品セレクションで注目すべきは、そのほとんどが自社開発したオリジナル商品だということ。

しかも保存料・化学調味料を使用しない体にやさしいものや、本場の食材を取り入れた商品が豊富!品質にこだわる成城石井ならではの冷凍食品をチエックしてみましょう♪

1. 石窯薪焼きピッツァ ポモドリーニ

Photo by Kuminy

379円(税込)
まずは「石窯薪焼きピッツァ」。POMODORINI(ポモドリーニ)はルッコラとチェリートマトがのったピッツァです。イタリア産の海塩、トマト、そして小麦粉を使用した本場イタリアの味が楽しめるひと品。

このシリーズはハンドスクラッチ製法という、生地をこねるところから焼き上げるまで手作業で作るスタイルを取り入れています。種類はほかに「マルゲリータ」、3種類のイタリア野菜の「オルトラーナ」がありますよ。

内容量は240g、エネルギー 238kcal(100gあたり)、賞味期限は購入時より約半年間です。

基本の調理方法

Photo by Kuminy

まず室温で30分ほど置いて解凍しておきます。

Photo by Kuminy

解凍できたらフィルムを外し、200~220℃で4~6分ほど焼きましょう。使用のオーブンによって温度は調整してくださいね。

石窯薪焼きならではの生地感!

Photo by Kuminy

このピッツァ最大の特徴は冷凍とは思えない高クオリティーの生地!やはり石窯薪焼きピッツァだからでしょうか、香ばしくモチモチしています。これで500円以下はとってもお得だと感じました。

2. 海老と吊るし直火焼チャーシューの炒飯

Photo by Kuminy

323円(税込)
「海老と吊るし直火焼チャーシューの炒飯」は成城石井 “でしか” 作れない「desica(デシカ)」シリーズのひとつ。もちろん化学調味料不使用です。

こだわりの素材は、あおり炒め製法のお米と、吊るし直火焼チャーシューとのこと。海老もゴロッと入っている本格的な炒飯です。

内容量は250g、エネルギー 191kcal(100gあたり)、賞味期限は購入時より約1年。

基本の調理方法

Photo by Kuminy

調理法はフライパンで炒める方法と電子レンジで温める2通り。フライパンで炒める場合は油を薄くひき、中火で3分程度炒めれば完成です。

Photo by Kuminy

電子レンジの場合は冷凍炒飯をお皿にだし、ラップをかけて500W/4分、600W/3分半 温めましょう。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ