4. 梨と豆乳のスムージー

ミキサーひとつでできる、豆乳と甘酒を使う梨のスムージーです。豆乳と甘酒には、オリゴ糖が含まれています。オリゴ糖は梨に含まれる食物繊維と同様に、腸内の善玉菌を増やす作用がありますよ。砂糖を使わない、梨と甘酒のやさしい甘みが楽しめるレシピです。(※2,16,17)

5. 梨と白菜のヘルシーサラダ

白菜と梨を使う、さっぱりとしたサラダです。白菜は100gあたり14kcal、糖質は1.9gと低カロリー・低糖質な野菜です。また、梨にも含まれる水溶性食物繊維と不溶性食物繊維を含んでいるので、便秘の対策に役立ちますよ。(※1,2,18)

梨の効能を活かして食べよう

シャキッとした歯ごたえとさわやかな甘みが特徴の梨。水分量が多いためカロリーや糖質量は低いですが、体にうれしい効能はしっかり含んでいますよ。

アスパラギン酸は熱に弱く、カリウムは水に溶ける性質があります。梨に含まれる栄養素を無駄なくとるには、生のまま食べましょう。

ご紹介したレシピは、どれも梨の効能を活かしたものばかりです。ぜひ、梨を使って新しいレシピにチャレンジしてみてくださいね。
【参考文献】
(2021/05/02参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ