江戸川船堀「ゴヴィンダス」のスペシャルタリーを堪能せよ!インド人が選んだ東京NO.1カレー

江戸川船堀には多くのインドの方が住んでいるらしい。その中で、インドの方が認めるNO.1カレーがあるという事でご紹介します!

2018年8月15日 更新

ライター : まりっぺ

にゃんぱすにゃんぱするるるる〜♪五反田主婦してます。どうぞ宜しくお願いします。

野菜でつくるインド料理店「ゴヴィンダス」

ゴヴィンダスは一般的にインド料理と呼ばれている北インド料理に加えて、日本では非常に珍しい南インド料理をお召し上がりになれるインディアン・レストランです。

お料理には野菜だけを使用し、さらにはカフェインやアルコールを含むものも使わないなど、徹底して健康的なお料理のみを提供します。

またナンなどにも卵を使用していないため、卵にアレルギーのある方も安心していただけます。
ぜひこれまでに味わったことのない、特別でおいしいインド料理をお試しください。

出典: www.govindas-tokyo.com

そう、インドは菜食主義

人口の83%ほどを占めるヒンドゥー教徒は、牛を「神聖視」しているため、彼らにとってビーフを食べることは宗教的なタブー事項。

厳格なヒンドゥー教徒は一切の肉を食べませんが、多少の肉食はOKとする、それほど厳格ではないヒンドゥー教徒も牛肉だけは避ける人がほとんど。

「輸入食材にはビーフエキスが入っていることがあるよね」と、神経質にチェックする人もいるほどです。

出典: allabout.co.jp

つまり、「ゴヴィンダス」は、インドの方が東京でカレーを食べるには一番慣れ親しんだカレーと言えるんでしょうね。

ゴヴィンダス スペシャルタリー

こちらが「ゴヴィンダス」で振る舞われるスペシャルタリー。
真っ先に気になるのがこの長い筒のような食べ物。 長過ぎでしょ笑 ”ドーサ”と言われるお米とレンズ豆を練ってクレープのように薄く焼き上げたもの。
なんと中にはスパイスとあわせたジャガイモが! これだけでも美味しいそうです!
そしてこちらは、インドのドーナツだとか。 むむ〜、気になる!
チャトニはトマトとココナッツの2つ。
アプラムのパリパリ感は最高のようです!
さらにさらにサンバル&ラッサム。 具も多め!程よい酸味でスパイシー!
そしてそして、バスマティライスとナッツをスパイスで炊き上げたプラオライスも付いてくる! ここはもはやインドですね、インドヽ(‘ ∇‘ )ノ

行かれた人の口コミ

南インド料理のスペシャルタリー(¥950)と、追加でラッサム(¥300)を。

見た目も滑らかで美しいドーサは、柔らかさもありいくらでも欲しいくらい。
中にはポテトマサラが入っていて、ココナッツとトマトのチャトニや、
サンバルやアプラムなども自由に混ぜ混ぜして頂きます。
口の中は色々な味わいが交じり合って、食べていて楽しいですね。


ラッサムは、かなりシャバシャバでトマトも多くなく、
タマリンドや塩け、揚げたカレーリーフなどの香り高い1品です。

出典: blogs.yahoo.co.jp

東京で食べたワダの中ではトップクラス!

スパイシーだし、フワフワな食感もかなりいいです。
(でも、神戸のマドラスキッチンのワダと比べたらマドラスの勝ちw)

うーん、これが950円とは驚き!

こっちに来ることが少ない西エリアのカレー好きな人も、頑張って来る価値は120%ありますですよー♪

夜も来てみたいなー^^

出典: ameblo.jp

950円の低価格セットだからプレーンと思いきや、立派なマサラドーサが付いてきました。
一品料理として十分通用する程の大きさで本格的です。
マサラは、珍しくトマトで味付けしてある為に具が赤色。
ライスがトマトライスだったのも珍しいですね。

ラサム・サンバル共に優しい味で食べやすかったですし、
個人的にあまり好みではないワダもフワフワ柔らかくて美味しかったです。
南インドで食べた食事を思い出させてくれる料理で懐かしい!

出典: yamasan03.blog89.fc2.com

動画で見る「ゴヴィンダス」

ゴヴィンダス店舗情報

店舗情報 住所:東京都江戸川区船堀2-23-4 電話番号:050-3373-5114 営業時間:[月~金]11:00~15:00、17:00~21:00      [土・日・祝]10:30~14:30(ランチビュッフェ@\1500)、17:30~21:30(ディナービュッフェ@\1800)
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS