ローディング中

Loading...

離乳食、絶対に妥協できないから解決します。

離乳食はいつから始めるの?なにを食べさせたらいいの?悩める子育て中のママのため、離乳食にまつわるあらゆる疑問にズバッとお答えします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
離乳食初期から使える!野菜スープ、基本の作り方と応用編

離乳食初期から使える!野菜スープ、基本の作り方と応用編

今回は離乳食インストラクター協会がおすすめする、離乳食初期の赤ちゃんから使える野菜スープ(だし)を紹介します。野菜の優しい甘さがおいしいスープ。基本を覚えておけば、いろいろなメニューに応用できるので便利ですよ。
赤ちゃんとお出かけ!外出時の離乳食のルールとは

赤ちゃんとお出かけ!外出時の離乳食のルールとは

家族でお出かけする機会も増える夏。お出かけ先で赤ちゃんには何を食べさせるといいのでしょうか?持ち歩きや外食での離乳食には、ちょっとしたルールがあります。安全に安心して食べさせるための離乳食のポイントをお伝えします。
赤ちゃんも喜ぶひんやりデザート。寒天で作る簡単ゼリーの作り方

赤ちゃんも喜ぶひんやりデザート。寒天で作る簡単ゼリーの作り方

夏が近づいてきました。暑い日には赤ちゃんにもひんやりおやつを食べさせてあげたいですね。今回は、簡単に作れて赤ちゃんも食べられる「寒天ゼリー」の作り方を紹介します!ゼリーのプルプル食感は、赤ちゃんもきっと楽しんでくれるはず。
熱中症が怖い季節。赤ちゃんの脱水を予防するポイントまとめ

熱中症が怖い季節。赤ちゃんの脱水を予防するポイントまとめ

夏が近づいてきたこの季節、心配なのは「熱中症」ですね。大人よりも体が小さい赤ちゃんの脱水を予防するにはどうれすばいいのでしょう?今回は、見逃したくない熱中症のサインと、予防のかなめとなる水分補給のポイントについてお伝えします。
赤ちゃんの五感を刺激!離乳食後期の手づかみおやつレシピ。

赤ちゃんの五感を刺激!離乳食後期の手づかみおやつレシピ。

赤ちゃんにとって第4、第5の食事と言われる「おやつ」。後片付けなど手間も増えますが、赤ちゃんの成長にはとても大事な手づかみおやつ。おやつが必要になる1歳以降の赤ちゃんにおすすめのシンプルで簡単にできる手作りレシピを紹介します。
梅雨どきの離乳食にご用心!食中毒を予防するためのポイント7つ

梅雨どきの離乳食にご用心!食中毒を予防するためのポイント7つ

「食中毒」というと、外食やお弁当などで起こるイメージがありますが、じつは家庭でも起こるのです。赤ちゃんは大人よりも細菌に弱いので気を付けてあげたいですね。今回は離乳食を作る際、食中毒を予防するためのポイントを紹介します。
子どもの日に願いを込めて!「端午の節句」の離乳食レシピ

子どもの日に願いを込めて!「端午の節句」の離乳食レシピ

お子さんをお持ちなら、5月といえば真っ先に思い浮かぶのは「子どもの日」「端午の節句」という方も多いのでは?今回は男の子のすこやかな成長を願い、「端午の節句」にちなんで考案した離乳食メニュー4品をご紹介します。
赤ちゃんと一緒に!イースターを楽しむかわいい離乳食レシピ

赤ちゃんと一緒に!イースターを楽しむかわいい離乳食レシピ

近ごろ日本でも盛り上がりを見せつつあるイースター。卵やうさぎなどなじみ深いシンボルが登場するのも人気の秘密かもしれませんね。今回は赤ちゃんと一緒に楽しめる、イースターのためのスペシャル離乳食プレートのレシピをご紹介します!
離乳食を冷凍するには?保存のルールとおいしく食べる7つポイントを紹介

離乳食を冷凍するには?保存のルールとおいしく食べる7つポイントを紹介

離乳食づくりは毎日続きます。ちょっと疲れてしまうときもありますね。そんなとき、ママを助けてくれるのが「冷凍離乳食」。おいしく、そして安全に冷凍離乳食を食べるために気をつけたいポイントを、離乳食インストラクターがご紹介します。
赤ちゃんと過ごすひなまつり。簡単スイーツで一緒にお祝いしよう

赤ちゃんと過ごすひなまつり。簡単スイーツで一緒にお祝いしよう

3月3日は桃の節句、ひなまつり。女の子をお持ちのママなら、赤ちゃんの健やかな成長を祈ってぜひお祝いしたいですよね。今回はひなまつりにぴったりのスイーツレシピ3種類をご紹介。簡単に作れるので男の子にも、ふだんのおやつにもおすすめですよ。
離乳食に使いたい!赤ちゃんの舌を育てる「だし」6種類の作り方

離乳食に使いたい!赤ちゃんの舌を育てる「だし」6種類の作り方

和食には欠かせないおだし。実は離乳食にこそ良質なだしを使ってほしいのです。離乳食初期から使える野菜だし、中期から使えるささみだしなど、おすすめのだし6種類を紹介します。大人の食事にも使えますから、ぜひ取り入れてみてくださいね!
今年は赤ちゃんも一緒に!節分を楽しく過ごす離乳食レシピをご紹介

今年は赤ちゃんも一緒に!節分を楽しく過ごす離乳食レシピをご紹介

もうすぐ節分ですね。今回は節分の日の離乳食レシピと、親子で豆まきを楽しむためのアイデアをご紹介します。この先一年を無事に過ごせますようにと願いを込めて祝う節分。いつもとちょっと違う離乳食で赤ちゃんと一緒に楽しみましょう!
離乳食のお悩み解決!「いつからスタート?」の目安とレシピをご紹介

離乳食のお悩み解決!「いつからスタート?」の目安とレシピをご紹介

初めての離乳食。「いつから始めたらいいのかな?そろそろ?でも大丈夫かな?」と不安になるママが多いのではないでしょうか。離乳食のスタートで迷った時、適切な時期かどうかを見分けるポイントがあるのでご紹介したいと思います。
アレンジで簡単!味噌汁の6段階活用で離乳食レパートリーを増やそう

アレンジで簡単!味噌汁の6段階活用で離乳食レパートリーを増やそう

離乳食後期になり離乳食が一日3回になると、食べさせるのは嬉しい……でも、毎日の献立作りにちょっと悩んでしまうことはありませんか?難しく考えなくて大丈夫。今回は残り物のお味噌汁から、6種類の違うメニューに変身させるテクニックをお伝えします。
赤ちゃんも一緒に、楽しいお正月を♩おせち離乳食のレシピを紹介します

赤ちゃんも一緒に、楽しいお正月を♩おせち離乳食のレシピを紹介します

もうすぐお正月ですね。赤ちゃんがいるご家庭では、家族揃って元気に新年を迎えられる喜びもひとしおなのでは。赤ちゃんにとっては初めてのお正月。せっかくだから、おせち離乳食を作ってみませんか?いつもとはちょっと違う離乳食で楽しみましょう!
クリスマス離乳食レシピで赤ちゃんも一緒にメリークリスマス☆

クリスマス離乳食レシピで赤ちゃんも一緒にメリークリスマス☆

大人も子供も楽しいクリスマス。赤ちゃんと一緒に迎えるクリスマスは、いつにも増して幸せな気持ちでいっぱいなのでは?そんなクリスマスには、離乳食期の赤ちゃんにもちょっと特別なメニューを用意してあげたいですよね。とっておきレシピをご紹介します♩
離乳食インストラクターおすすめ!子どもが離乳食を食べない時の対処方法

離乳食インストラクターおすすめ!子どもが離乳食を食べない時の対処方法

「離乳食を食べさせるのが辛い、面倒くさい」と思う自分を責めてしまうこともあるかもしれませんが、この悩みは上位です。あなただけではないから大丈夫よ。と言うことを前置きして【離乳食を食べさせるのが苦痛・面倒】な気持ちをほぐす方法を話しますね。
離乳食インストラクターおすすめ!食べるのを嫌がる時の対処方法

離乳食インストラクターおすすめ!食べるのを嫌がる時の対処方法

「赤ちゃんが離乳食を嫌がる」「離乳食を急に嫌がるようになった」と言うママ、多いです。実は私も息子は、最初から離乳食を嫌がり、娘は1歳になってから嫌がるように。離乳食を食べるのを嫌がる赤ちゃんには、どうすればいいのでしょうか。
離乳食インストラクターおすすめ!食べる量が少ない時の対処方法

離乳食インストラクターおすすめ!食べる量が少ない時の対処方法

離乳食初期からあまり食べてくれない。この前までパクパク食べていたのに急に食べなくなった。ご飯は身体を作る大切なものです。離乳食を食べる量が少なかったら心配になりますよね。今日は、離乳食を食べる量が少ない時の対処方法をお話ししますね。
離乳食インストラクターおすすめ!作るのが面倒・苦痛な時の解決方法

離乳食インストラクターおすすめ!作るのが面倒・苦痛な時の解決方法

食事は毎日食べるものです。大人の献立を作るのも大変なのに、プラス離乳食まで作るとなったら。時には「離乳食を作るの嫌だな・・・」と思ってしまうこともありますよね。そんな時、どうすればいいでしょうか?その解決方法を考えたいと思います。
離乳食インストラクターおすすめ!食べ物の偏りの解決法

離乳食インストラクターおすすめ!食べ物の偏りの解決法

離乳食の悩みのひとつに「食材が偏ってしまう」があります。実はこのお悩み、多くのママさんが抱えているようで、厚生労働省「平成17年度乳幼児栄養調査」では28.5%でトップのお悩みでした。今日は、食材が偏らないメニュー作りを考えていきます。