ローディング中

Loading...

連載:離乳食、絶対に妥協できないから解決します。

家族でお出かけする機会も増える夏。お出かけ先で赤ちゃんには何を食べさせるといいのでしょうか?持ち歩きや外食での離乳食には、ちょっとしたルールがあります。安全に安心して食べさせるための離乳食のポイントをお伝えします。

赤ちゃんとお出かけの多い季節

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。夏本番の暑さになってきましたね!
この季節、海の日連休やお盆休みを控え、赤ちゃんと一緒にお出かけする機会も多くなると思います。
赤ちゃんがいるご家庭では、外出するとき「赤ちゃんの離乳食はどうしよう?」と悩まれることもあるのではないでしょうか。
今回は、夏に向けてお出かけする際の離乳食のポイントをお話ししたいと思います。

手作り離乳食をお弁当にするときは

手作りの離乳食をお弁当にして持っていきたいとき、気をつけたいのが食中毒です。

食中毒の菌は25度~45度くらいの温度帯で増殖、繁殖するといわれます。特に気温が高くなってくるこの時期に離乳食をお弁当で持って行く場合、次のポイントに注意してください。

朝作ったできたて離乳食をお弁当に入れる

作り置きしたものではなく、作りたての離乳食を持っていくのが安心です。お弁当に入れたら、きちんと冷ましてからフタを閉めましょう。

保冷バッグで冷やしながら保存する

よく冷えた保冷剤を入れた保冷バッグで持ち歩くようにしましょう。10度以下になると菌の活動がゆっくりになり、増殖のスピードも抑えられるといわれています。

早めに食べる

朝に離乳食を作ったなら、できる限り昼ごはんに食べましょう。また、食べ残しを次に回さないようにしましょう。

心配ならベビーフードを活用する

手作り離乳食を持って行くのが不安なら、こんなときこそベビーフードが活躍します!安全に保存されたベビーフードは、外出時も安心して赤ちゃんに与えることができます。こちらも、食べ残したものは次に回さず処分するようにしましょうね。

ベビーフードを食べてくれない時は?

おっぱいやミルクだけでもOK

普段からベビーフードを食べ慣れていない子は、なかなか食べてくれないかもしれません。
じつは我が子もそうでした。当時7か月の息子は、2泊3日の旅行中まったくベビーフードを食べてくれず、ずっとおっぱいとミルク。でも月齢が低い赤ちゃんは、それでもOKなので安心してくださいね。

食べられるものをスーパーで探してみる

外出先にスーパーがあれば、食べられるものを探してみましょう。例えば、バナナや焼き芋、食パンなどが手に入るかもしれません。ただし、スーパーのお惣菜や市販の茶碗蒸し、卵豆腐などは、赤ちゃんには味が濃いので控えた方がいいでしょう。与える場合は、2倍から4倍程度の湯冷ましで薄めてあげてください。

外食を取り分ける場合

ときにはお店で外食することもありますね。外食を取り分ける際に気をつけたいポイントを紹介します。

取り分けは1歳を過ぎてから

外食した後、のどが乾くことがありませんか?それは味付けが濃いからです。大人でも濃いと感じるくらいですから、未熟な赤ちゃんの内臓にはさらに負担がかかります。食べるなら1歳を過ぎてからにしましょう。

食べるメニューを選ぶ

食べるメニューを選びましょう。揚げ物は控え、煮物・汁ものがあるメニューを選びましょう。おすすめは、シンプルなうどんや雑炊。味付けがやさしい和食を選ぶのがポイントです。

私の場合、子どもが3~4歳になるまで取り分けを続けました。長男の取り分けが終わったら、すぐに長女の取り分けが始まったので、約8年ほど外食はほぼうどんでした。

薄めて食べる

先ほども書きましたが、外食も薄めて食べるのが望ましいでしょう。
うどんを食べる場合、うどんだけを子ども用の器に取り分けて、湯冷ましをかけて食べさせます。うどんにおだしの味がついているので、薄めても十分です。お出かけのときは、魔法瓶などで取り分け用の湯冷ましを持っていくと便利ですよ。

外出先でも安心して食べさせよう

お出かけ時の離乳食は、持って行くのも外食するのもルールがありますが、赤ちゃんが安全に離乳食を食べるために、ぜひ心がけてくださいね!

《離乳食、絶対に妥協できないから解決します。》の記事一覧

離乳食 トマト キャベツ

今回は離乳食インストラクター協会がおすすめする、離乳食初期の赤ちゃんから使える野菜スープ(だし)を紹介します。野菜の優しい甘さがおいしいスープ。基本を覚えておけば、いろいろなメニューに応用できるので便利ですよ。

ゼリー 離乳食 おやつ

夏が近づいてきました。今回は、簡単に作れて赤ちゃんも食べられる「寒天ゼリー」の作り方を紹介します!ゼリーのプルプル食感は、赤ちゃんもきっと楽しんでくれるはず。暑い日には赤ちゃんにもひんやりおやつを食べさせてあ…

離乳食

夏が近づいてきたこの季節、心配なのは「熱中症」ですね。大人よりも体が小さい赤ちゃんの脱水を予防するにはどうれすばいいのでしょう?今回は、見逃したくない熱中症のサインと、予防のかなめとなる水分補給のポイントにつ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

調味料 マヨネーズ まとめ

調味料、普段どこに保存していますか?常温で保存しているもの、冷蔵庫に入れているものなど色々あるかと思いますが、それは本当に正しいのでしょうか?劣化を遅らせて、風味をきちんと保つためにも、正しい保存方法を確認し…

合コン ワイン 日本酒 まとめ

忘年会や新年会が多いこの時期、上司やお偉いさんとお酒の席を共にする事も多いですよね。そんな時、社会人として絶対に覚えておきたいお酒の席でのマナーを7つ選びました。これをしっかり覚えて飲み会に望めば失敗すること…

ドリンク お茶 まとめ

もうすぐ本格的に花粉の季節がやってきますね〜。花粉症の人にとってはとっても辛い時期。そうじゃない人ももしかしたらいきなり花粉症になるなんてこともあるかもしれませんよ!今回は、花粉症を内面から予防できるお茶を3…

レシピ まとめ

日々仕事と家事に追われ、忙しく働き回るのは大変ですよね。時間は1分でも大切にしたいもの。そこで料理の時間が節約できるアイデア12選をご紹介します。一人分の食事から大人数のパーティーまで、これを実践すれば料理の…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

たまご お弁当 アボカド

インスタグラムの新しいトレンド「#ほめたまごはん」をご存知ですか?黄身の色が鮮やかなたまご「ほめたま」を使った料理写真につけるタグなんです。おいしく美しい「ほめたまごはん」でほめられちゃうかも!? おすすめの…

コーヒー

デロンギの全自動コーヒーマシンは業界の最高峰!スタバも支持するクオリティとデザインは、他の追随を許しません。おウチを本格カフェに変身させる、プロも認めるその性能……。一度知ってしま…

レシピ スイーツ まとめ

ロックキャンディーはクリスタルみたいにキラキラ輝く、とってもおしゃれなキャンディーです。まるで宝石のようで、大人でも思わず笑みがこぼれそうになります。作り方は簡単。休日に子供と一緒に作ってみませんか?レシピを…

スウェーデン サンドイッチ ケーキ

北欧生まれの甘くないケーキ、「スモーガストルタ」を知っていますか?見た目はデコレーションケーキのようですが、実は中身はサンドイッチというから驚き!甘いものが苦手な人へのお誕生日パーティーに必須のサンドイッチケ…

離乳食インストラクター協会

中田馨。一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表理事。保育士で...

http://www.babyfoodqa.com/