ローディング中

Loading...

ロシアで定番のお酒と言えば、ウォッカ。ビールやワインなどの醸造酒は、ロシアではお酒と思っていない人がほとんどだとか。今回は、ウォッカの基本的な飲み方、おすすめカクテル、度数などを総ガイド!お店やご自宅で楽しむ際の参考にしてください!

ロシアのお酒「ウォッカ」

皆さん、ウォッカを飲んだことはありますか?居酒屋やバーのメニューで目にする機会はあっても、飲むことにためらってしまう方も少なくないかもしれません。それもそのはず、日本人は体質的にアルコールが弱い方が多いと言われていますが、ウォッカの平均アルコール度数はなんと40度もあるからです。

ウォッカはスピリッツと呼ばれる蒸留酒です。一般的にカクテルのベースとして使われてます。他のスピリッツと比べても、クセが少ないのが特徴です。知らないうちに意外と飲んでいるのかもしれませんね。

そんなウォッカについて、飲み方、カクテル、度数、おすすめの銘柄まで詳しくご紹介します!

4大スピリッツのひとつ

ウォッカはロシアや中東欧でよく親しまれている蒸留酒です。原材料は、ライ麦や大麦・小麦、ジャガイモなどの穀物が中心に作られています。フルーツから作られるものもあり、その種類はさまざまです。

蒸留の過程で白樺の炭でろ過されるので、アルコール臭を除けば、ほぼ無味無臭のお酒ですよ。蒸留して作られるお酒のうち、焼酎やウィスキー以外を総称してスピリッツと言います。

ウォッカはジン、テキーラ、ラムと並んで世界4大スピリッツと言われています。ジンはウォッカ同様、大麦やジャガイモなどを原料として作られる蒸留酒です。蒸留の際、薬草を加えるため、独特の香りや切れ味が特徴。

テキーラは、サボテンのイメージがありますが、実際はリュウゼツランという多肉植物が原料です。ショットで飲んだり、カクテルにしたり、ちょっとお洒落な印象ですね。ラムはお酒が飲めない方でも、ラムレーズンなどから味が想像出来る方もいるのではないでしょうか。サトウキビから作られるお酒なので、強い甘みが特徴です。

そして、ウォッカは「命の水」を意味するロシア語が語源とされるくらい、まるで水のような飲み口です。極寒の地では水はすぐに凍ってしまうため、水よりもウォッカの消費量が多いとさえ言われています。

ウォッカのアルコール度数

およそ40度!

水のような飲み口と言っても、ウォッカの平均アルコール度数は約40度。日本で販売されているビールの多くは5度なので、いかにウォッカのアルコール度数が高いか分かります。

このため、お酒と言えばウォッカを指すロシアでは、2011年以前までビールがアルコール飲料として認定されていなかったほど。ウォッカの中には、アルコール度数96度のお酒も存在し、火気厳禁の注意書きがされているものもあります。

ちなみに日本酒は?

日本のお酒と言えば、お米から作る日本酒ですが、ビールなどと同じ醸造酒の中ではアルコール度数はかなり高め。醗酵のみで作られるアルコールの度数の最大値、22度までが日本酒の定義になっています。それでも基本的には15~16度が大半で、日本酒から蒸留して作られる焼酎でも25度が平均的。

単純計算で比べてみても、ウォッカの40度という度数は、日本酒の半分の量でもさらにアルコール度数が高い、ということになりますね。

ウォッカの基本的な飲み方

そんなアルコール度数の高いウォッカ。さまざまな飲み方が出来るので、そのまま飲むことに抵抗ある方は、色々な飲み方を試してみてくださいね!

ストレート

ロシア人が、雪原でウォッカを瓶からラッパ飲み。そんなイメージありませんか?でも、ウォッカをストレートで飲む場合、実は多くは瓶ごと凍らせてからショットグラスで飲みます。

アルコール度数が高いため、液体でも凍ることはありません。冷凍庫に入れて凍らせると、トロリとした口どけが楽しめます。同様によく冷やしたショットグラスに注ぎ、好みでレモンやライムの薄切り、荒塩とともに一気に口に含みます。

これが、ウォッカ本来の味わいを楽しむ飲み方のストレートですね。香り付けされたフレーバーウォッカは、ストレートにおすすめです。

ロック

ロックで飲んでも、ウォッカの風味を楽しむことができます。ロックグラスに氷を入れ、ウォッカを注ぎ、レモンやライムを搾って入れるとよく合うでしょう。ウォッカに限らず、アルコール度数の高いスピリッツは、柑橘系との愛称が抜群、爽やかな飲み口になります。

それでもやっぱりアルコールがキツイ!と感じたら、同量の水で薄めるハーフロック(トゥワイスアップ)もおすすめ。アルコールが薄まり、ウォッカ本来の香りを一番感じることができます。バーなどでは追加の水は料金がかからず対応してくれるところが多いですよ。

ウォッカトニック

スタンダードカクテル「ジントニック」のウォッカ版です。グラスに絞ったライム、氷を入れ、ウォッカを注ぎます。トニックウォーターをゆっくり注ぎ、炭酸が抜けないように優しく混ぜてできあがり。

ソーダ割り(ウォッカリッキー)

ウォッカをソーダとライムジュースで割ったカクテルを、ウォッカリッキーと呼びます。ライムジュースを加えることでより爽やかな味わいが楽しめます。さらにカットライムを好みで絞ってもOKです。

リッキーとは、このカクテルを最初に頼んだ人の名前が由来。ウォッカをソーダとライムジュースで割るとウォッカリッキー、ベースのスピリッツがジンだとジンリッキーとなります。

ジンジャーエール割り(ウォッカバック)

ジンジャーエールで割ると、よりカクテルらしい飲み方になります。氷を入れたグラスに、カットレモンを絞り、ウォッカを入れ、ジンジャーエールを注ぎましょう。

飲み口(キック)が鹿(buck)に蹴られたように強いため、ウォッカバックと呼びます。ちなみにこの割り方も、ベースのスピリッツによってジンバック、ラムバックなどと言い換えできます。

ウォッカのおすすめカクテル

クセのない味のウォッカはカクテルにおススメ。色々なバエーションを試してみてください◎

お酒が好きで強いなら

・ゴッドマザー
ウィスキーをベースにした「ゴッドファーザー」というカクテルのヴァリエーションとして生まれました。アーモンドのような風味のリキュール「アマレット」の優しい風味が特徴ですが、アルコール度数は高いので要注意。氷を入れたロックグラスにウォッカ45mlとアマレット15mlを注ぎ軽くかき混ぜます。
・ブラックルシアン
食後に楽しむカクテルとして考案されたもので、コーヒーリキュールの甘みと苦味が、デザート代わりとして最適。コーヒーリキュールとして有名なカルーアを使うことが多いです。氷を入れたロックグラスに、ウォッカ40mlとカルーア20mlを注ぎ、軽くかき混ぜます。

お酒が弱い人向き

・モスコミュール
先ほど紹介したウォッカのジンジャーエール割(ウォッカバック)のレモンをライムに変えると「モスコミュール」になります。ちなみにモスコミュールとは「モスクワのラバ」のこと。ラバに蹴られたような飲み口という意味合いですが、本場モスクワではモスコミュールと言っても通じないとか。
・スクリュードライバー
カクテルの名前として、聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。ウォッカをオレンジジュースで割った、非常に飲みやすいカクテルです。女性を酔わせる「レディ・キラー」カクテルとしても有名ですね。名前の由来は工具のスクリュードライバーでかき混ぜたことから付けられました。
・ブラッディーメアリー
こちらも有名なカクテル、ウォッカのトマトジュース割りです。16世紀に異教徒を処刑して恐れられたイングランド女王、メアリーをモチーフにした血の色を連想させるカクテル。

標準的なレシピでは氷を入れたグラスにウォッカを入れ、トマトジュースを注ぎ、くし型にカットしたレモンを飾ります。野菜スティックを添えたり、塩・こしょうするなどバリエーションが多いのも特徴です。
・ウォッカアップル
スクリュードライバーのりんごジュース味、りんごとウォッカを割ったお酒です。このカクテルも飲みやすいのが特徴。実は「ビッグ・アップル」という呼び名があるのですが、ほとんど知られていません。バーや居酒屋で飲むというより、家庭で簡単に楽しむタイプのカクテルかもしれませんね。

ウォッカのおすすめ銘柄

スカイウォッカ

スカイウォッカ

出典:楽天市場

スカイ ウォッカ 40度 正規 750ml あす楽

¥947

楽天市場で購入
ブルーのボトルが特徴的なお手ごろ価格のウォッカ。シンプルでクセのない味なので、カクテルのベースに最適です。キッチンや部屋にあっても、おしゃれなボトルデザインで、お酒初心者でも購入しやすいのがポイント。

ストリチナヤ オレンジウォッカ

ストリチナヤ オレンジウォッカ

出典:楽天市場

ストリチナヤ オレンジウォッカ 37.5度 750ml

¥1229

楽天市場で購入
オレンジ風味のフレーバードウォッカ。ほのかなオレンジ味で、コーラで割ったりカクテルに使えそうです。ストリチナヤは本場ロシアのウォッカブランドです。

ズブロッカ

ズブロッカ

出典:楽天市場

ズブロッカ 40度 正規 700ml あす楽

¥1156

楽天市場で購入
独特の甘い香りのパイソングラス(別名ズブロッカ草)をつけこんだ、ポーランドのオリジナルブランドウォッカ。桜餅のような香りで、バーなどでは春にこのウォッカを使ったオリジナルカクテルが作られることも。ウォッカ上級者にオススメの銘柄です。

ウォッカの魅力、全てわかった!

お酒のたしなみ方は人それぞれ、カクテルにして飲みやすいのもウォッカの良さです。ロシアでは車の燃料も人の燃料もウォッカなんて言われていますが、アルコール度数には十分気をつけて飲んでくださいね。無理は禁物です。

奥深いウォッカの世界を楽しんでみてください!
▼蒸留酒に詳しくなろう!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

バーボンを飲んだことはありますか?高価なお酒というイメージがありますが、どんな飲み方をすればおいしく飲めるのでしょうか。おすすめ銘柄は?今回は、バーボンの基礎知識や飲み方、おすすめ銘柄など、余すことなくご紹介…

日本酒

「清酒」という言葉を聞いたことはあるが、日本酒との違いをきちんと説明できる方は意外に少ないのではないでしょうか。今回は、清酒についての基礎知識から、適した飲み方や賞味期限など、清酒についてを丸ごとご紹介いたし…

カクテル

カクテルの中でも特に飲みやすく人気が高いカシスオレンジ。お好きな方も多いのではないでしょうか?カシスオレンジはどんなカクテルなのか、作り方、度数、カロリーなど詳しくご紹介します。ぜひご自宅でも作ってみてくださ…

カクテル まとめ

カンパリといえば、カンパリソーダやカンパリオレンジで知られるリキュールのこと。今回は、カンパリとは何か、またカンパリを使ったカクテルレシピを徹底的にご紹介します。赤いリキュール、カンパリの魅力に迫ります!

保存瓶に果物を浸けておくだけでできる「果実酒」。今回は、そんな果実酒の作り方を詳しくご紹介いたします。おすすめしたい果物の種類や、ホワイトリカーやブランデーに漬け込むレシピ、試したい飲み方まで、まるごとお教え…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

お土産 まとめ

「よかったら、どうぞ」と渡すものといえば、差し入れ。職場、取引先、バイト先…。シーンに合わせて喜ばれれば、そのイメージがそのままあなたのイメージになりますよ。 そこで今回は、「女子からの差し入れで、何を貰うと…

お弁当 まとめ

みなさんは、コンビニやスーパーで売っているお弁当に入っている、おかずとおかずを仕切る“アレ”の名前をご存知ですか?今回はそんな身近に潜む、意外な知らない食にまつわる正式名称をご紹介します!…

日本酒 ワイン まとめ

日本酒というとちょっと飲みにくいイメージを持つ人もいると思いますが、最近ではワインやシャンパン、リキュールみたいに飲みやすい、新感覚の日本酒が続々と登場しています!今回は、その中でも注目の15種類をまとめてみ…

ニューヨーク レストラン カフェ スイーツ まとめ

ご旅行などでNYに行かれる予定のある方必見♡なんと、10ドル以下で食べられるお店がNYにはたくさんあるんです。美味しくてお財布に優しいお店を紹介していきます。

まとめ

夏になると食欲が落ちてしまうことありますよね?そんなときに胃に優しい、食べるといい食べ物についてご紹介します。今年の夏もおそらく暑くなりそう^^;なので、胃腸を大事に乗り切っていきましょう。もちろんよく噛むこ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ まとめ 揚げ物

美味しい物はやっぱりカロリーが。揚げ物もその一つですよね。。。揚げないで揚げ物が作れたらなんて素敵なんだろう。ちょっと待って下さい!そんな夢のようなレシピがあるんです☆という事で、今回は揚げないけど揚げ物が作…

ガレット 専門店 フランス まとめ 東京 おしゃれ

フランスの郷土料理であるガレット。伝統的なガレットはお食事系ですが、現在はスイーツ系のものも楽しめます。そんなガレットを都内で楽しめる専門店をご紹介します。

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る