ローディング中

Loading...

肉じゃがの肉、みなさんはどの種類の肉を使っていますか?もちろん牛!いやいや豚!それぞに主張があるかと思いますが、実際お肉の種類が違うと肉じゃがの味はどのように変わるんでしょう?これまで使っていた肉じゃがの肉を変えてみたくなるかもしれません。

肉じゃがの肉って何を使う?

肉じゃがの肉には牛肉と豚肉どちらを使っていますか?それぞれのお肉で作った肉じゃがは、どんな違いがでるのでしょう?それぞれの肉の肉じゃがの違いや、おすすめの作り方、レシピまでをまとめてご紹介します!

関西は肉といえば、牛!

関西では肉と言えば牛肉を表すことをご存知ですか?豚肉の場合には基本的にメニューの名前にも「豚」が入ります。

豚は豚じゃが

肉まんの肉といえば豚肉の印象が強いのではないですか?しかし、関西方面では豚肉を使ったものは肉まんとは呼ばず、豚まんと呼ぶことが多いよう。関西の全ての人がそうだとは限らないかもしれませんが、関西の人が肉まんと呼ぶ時には、牛肉を使った中華まんであることが多いようです。

そのため、関西で肉じゃがと言えば牛肉を使っている方が多いよう。地域によって肉じゃがの呼び方や、お肉料理の名前も違うのですね。
▼関西と関東の食に関する呼び名の違いは他にもいっぱいあるんです

肉じゃがにおすすめの部位

肉じゃがの肉に使う部位におすすめはあるのでしょうか?それぞれの違いを確認しながら見ていきましょう。

豚肉

豚肉は豚コマに多い肩肉やバラ肉などの薄切りが、肉じゃがにはよいでしょう。短時間で味がしみこみやすく、固くなりにくい特徴を持ちます。部位によっては余分に油が出てしまうので、煮こむ際にアク抜きなどをするのがおすすめです。

牛肉

牛肉で肉じゃがを作る際は肩ロースの薄切り肉を使うとよいでしょう。柔らかく、こちらも味が染み込みやすいはずです。牛肉はアクが出やすいので、こまめにアクを取り除きましょう。

長時間煮込んでしまうと、お肉がボロボロになってしまうので注意してくださいね。あらかじめさっと炒めて火を通した牛肉を、煮込んでいる途中で加えるのもよい方法です。お肉は小さめにカットした方が他の食材とまとまった味わいが感じられ食べやすいですよ。

合い挽き肉でも

人によっては肉じゃがを作る際に合い挽き肉を使用することもあるようです。合い挽き肉を使用すると、肉じゃが全体にお肉の旨味が絡みます。

ひき肉を使う場合には他の食材と煮込むのではなく、炒めて絡めます。炒めたひき肉を他の食材を合わせる作り方が一般的です。野菜と合わせる際に生の状態で合いびき肉を加えてしまうと、肉の臭みが野菜や煮汁に出てしまいおいしくなくなります。合わせるのは炒めたものにしましょう。
▼お肉の冷凍や保存期間のポイントをおさらい

肉じゃがといえど肉なし派も

肉じゃがを食べようと思っていても、そもそもお肉を使わない人もいるようです。甘じょっぱく味付けした煮汁で肉以外の野菜や素材を煮込んだ、肉じゃが風ということになりますね。

いろいろな肉の肉じゃがアレンジレシピ

1. 豚肉の肉じゃがアレンジ

味付けの調味料にコチュジャンを加えることで、韓国風になる肉じゃがです。食べる人によって辛さを調整するとよいですよ。

豚バラ肉は一口大にカット、じゃがいもは少し大きめに切るのがおすすめです。人参や玉ねぎと一緒にフライパンまたは鍋で素材を全て炒めます。ある程度火が通ったところに、調味料を加えて煮こみ、野菜がやわらかくなって全体に味がしみたら完成です。煮込む際は落し蓋を使いましょう。

2. 牛肉の肉じゃがアレンジ

味つけにカレー粉を使用することで、スパイシーな肉じゃがにできます。トッピングには絹さや、白ごまなどを加えると見た目もきれいになりますよ。

じゃがいもを食べやすい大きさにカットしたら水にさらし、電子レンジで少し加熱してやわらかくします。ごま油を熱したフライパンで牛肉、玉ねぎを炒めます。じゃがいも、調味料を加えさらに煮込み、最後に水溶き片栗粉でとろみをつけたら完成です。

3. 鶏肉の肉じゃがアレンジ

塩麹で下味をつけた鶏肉から味が滲みでる、コクを感じる肉じゃがです。牛や豚肉とは違うさっぱりとした煮込み料理になります。

鶏肉は一口大にカットし塩麹をもみこんでおきましょう。冷蔵庫で30分程度寝かせると、塩麹がよくしみこみます。鶏肉は焦げ目をつけるように炒めましょう。火が通りきるまで炒めなくて大丈夫です。

お肉に焼き色がついたところで、その他の具材を加えてしばらく煮込みます。じゃがいもに火が通ったら調味料で味をととのえて完成。

4. ひき肉の肉じゃがアレンジ

お好みでグリンピース、温泉卵をトッピングしてまろやかにできる、ひき肉入りの肉じゃがです。ご飯の豪快にのっけて食べるのもおすすめ。

ひき肉はお酒を振りかけてなじませておきます。じゃがいもなどの具材をカットし下処理を行いましょう。オリーブオイルを熱したフライパンでひき肉を炒めたら、玉ねぎを加えて軽く塩コショウをします。肉がパラパラとほぐれたら、じゃがいもやニンジンを加えます。

しばらく炒めたら、だし汁を加えて煮込んで完成です。最後に水溶き片栗粉で全体をまとめましょう。

肉じゃがはリメイクレシピもおすすめ

肉じゃがの肉について、いかがでしたか?普段は豚肉を使っていた方は、今回の内容を参考によかったら牛肉や鶏肉にもチャレンジしてみてださいね。

つい作り過ぎてしまいがちな肉じゃがは、リメイクレシピもおすすめです。じゃがいも潰してコロッケの具にしたり、キムチを混ぜてピリ辛にしたり、ご飯に混ぜ込んだりするのもよいですよ。
▼肉じゃがを自由にアレンジ!おすすめレシピはこちら

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

パックジュースに棒を刺すだけで作れる、簡単アイスキャンディーがツイッターで3万リツイート超えの話題となっています!ジュースを材料に使うのは一般的ですが、なんという発想の転換でしょう。詳しい作り方やアレンジを、…

さんま パスタ レシピ 炊き込みご飯 まとめ

脂ののった、さんまの塩焼きはもちろんおいしいのですが、さんまの絶品レシピはまだあります。揚げたり煮たり、パスタや混ぜご飯、さんまは色々な方法で食べられます。旬のさんまをおいしく食べられるレシピを28選ご紹介!…

ハヤシライス レシピ まとめ

ハヤシライスにぴったりの付け合わせを、サラダ、スープ、そのほかの副菜に分けてご紹介。ハヤシライスプラスもうひと品で食卓がにぎやかになり、何より栄養バランスがアップします。家族も喜んでくれるはず!ぜひ、献立決め…

お弁当 パイナップル レシピ

instagramなどのSNSでは、かわいいキャラ弁がたくさんアップされています。そんな中から、今回は夏らしく爽やかなパイナップル弁当の作り方をご紹介したいと思います。パイナップルをモチーフにしたかわいいレシ…

バジル イタリアン レシピ

イタリアンに欠かせないバジル。お店で購入するものの、使いきれずに残ってしまうことも。そんなときは、塩バジルにしましょう!塩バジルにすることで長期保存可能になり、いつでも料理に使うことができますよ。今回は詳しい…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 まとめ

家で料理を作っている女性のみなさん!どの料理にどんな日本酒が合うかを今回教えちゃいます。日本酒好きな旦那様や彼氏がいる方に是非読んでもらえればと思います。

まとめ

料理をする人必見の知っておくと便利な裏技、キッチンライフハックをご紹介します。小さな事でも知っているのと知らないのとではストレスの差が違ってきますよ。料理を楽しむためにも無駄を省くためにも役に立つ豆知識・コツ…

コーヒー カフェ おしゃれ まとめ

世界には星の数ほどの映画がありますが、中にはコーヒーをテーマにしたものも数多くあります。その中から、厳選して「6」作品ご紹介しますので是非ご覧ください♫

レシピ まとめ

日々仕事と家事に追われ、忙しく働き回るのは大変ですよね。時間は1分でも大切にしたいもの。そこで料理の時間が節約できるアイデア12選をご紹介します。一人分の食事から大人数のパーティーまで、これを実践すれば料理の…

まとめ

夏になると食欲が落ちてしまうことありますよね?そんなときに胃に優しい、食べるといい食べ物についてご紹介します。今年の夏もおそらく暑くなりそう^^;なので、胃腸を大事に乗り切っていきましょう。もちろんよく噛むこ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

コーヒー 韓国

スイーツがおいしいうえに、安くてかわいい韓国グルメ。日本でも韓国料理屋さんが増えましたね。そんな韓国で、いま「アメラテ」というドリンクが流行中。カフェラテにアメが入っているわけではありません。一体どんなドリン…

パン ランチ まとめ

気軽に入れてなんでもそろう「コンビニ」。今回は、パン屋さんが選ぶ本当に美味しいおすすめの「コンビニパンランキングベスト10」をご紹介します。どれも身近で手ごろな人気商品ばかり!プロが選ぶパンとは、一体どのよう…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る