ローディング中

Loading...

イカの数え方ってご存じですか?うさぎや鳥など、動物はその種類によって数え方の単位が変わります。数え方は助数詞といい学校で習ったこともあると思いますが、今回はイカに注目してご紹介します。ほかにも、話題のダイオウイカの数え方もご紹介します!

イカの数え方、知ってる?

みなさんは、きちんとイカの数え方を答えることができますか?鳥は「羽(わ)」、犬は「匹(ひき)」、馬は「頭(とう)」など、種類によって数え方が変わるのはご存知ですよね。

魚は全体的に「1匹、2匹……」と数えることが一般的ですが、はたして同じ海にいるイカも同じ数え方でよいのでしょうか?

ここでは、分かっていそうで説明できない「イカの数え方」についてくわしくご説明します。これを覚えれば、きっと誰かに教えたくなりますよ。

イカの数え方は?

実は、イカはその姿を変えるたびに数え方もいろいろ変わるのです。

まず、泳いでいるときや生きているときは「1匹」と数えられます。これに関しては誰しもが知っているのではないでしょうか。

そして、水揚げされて商品になったときには「1杯」となります。商品になっても「1匹」で数えることはできますが、その場合は、活きのよさ、まるで生きているかのような新鮮さをアピールする場合に限られるようです。

さらに、そこから干されて干物となり、するめになったら「1枚」となり、活け造りされて皿に盛られたときには「1盛」寿司になったときは「1貫」となります。

ほかにも、2匹以上が同時に釣れたときは「1荷(か)」。これは釣りで、1本の釣り糸に2本以上の釣り針を結びつけて、一度に2匹の魚を釣れたときに使われるようです。また、10匹ずつ束ねられたときは「1連」と呼ばれるようですよ。イカの数え方の種類の多さに驚いてしまいますね。

なぜ「杯」と数えるの?

イカを「1杯」と数える由来には、イカやタコなどの軟体動物も貝類の一種として「貝(バイ)」と数えたことによるものとする説もあるそうですが、実際にイカやタコを「1バイ」「2バイ」とは数えません。

そこで、「杯」という漢字にヒントが隠されていると考える説が有力なようです。「○〇杯」と書かれた優勝カップやトロフィーの形を思い浮かべるとわかりやすいと思いますが、漢字の「杯」は胴の部分が丸く、中に水などを注ぎこめるようなかめ型の容器を表しています。

イカの胴体も、イカ飯やイカどっくりにできるような形になっており、漢字の「杯」のイメージにぴったりなため、「杯」で数えるようになったようです。

では、タコやカニは?

では、同じ仲間であるタコやカニはどうなのでしょうか。結論から言うと、タコやカニもイカと同じ「1杯」と数えます。

タコはイカと同じような理由で「杯」の数え方が出てきたと考えられています。いっぽう、カニはカニの甲羅が丸く容器のような形をしているので、「1杯」と数えられるようですよ。

さらに、貝類ではありますがアワビの殻もそれに似ているので、例外として「1杯」で数えることがあるようです。なんだか日本語は奥が深いですね。

ダイオウイカも「杯」?

数年前に相次いで漁船の網にかかったと話題になった、深海の超巨大イカであるダイオウイカ。3~4mほどのダイオウイカが富山県沖、新潟県沖、鳥取県沖などで水揚げされました。

さて、そんなダイオウイカの数え方は何でしょうか。調べたところ、今のところは「匹」が使われているようです。「匹」は、鳥類以外の生物全般を数えるときにも使えます。

ただ、ダイオウイカは巨大な生き物なので、今後、深海で発見されるダイオウイカの大きさの程度によっては、大型の生き物を数えるときに使われる助数詞の「頭(とう)」がふさわしいとされる可能性もあります。

数え方っておもしろい!

動物によってさまざまな数え方があり、大きさによるものもあれば漢字の形に由来するものなど、その理由も探っていくとなかなかおもしろいですよね。そこで、次にイカ以外の変わった数え方をする動物をご紹介します。

うさぎの数え方

うさぎは「1羽」と数えるのが昔からの数え方ですが、最近では「1匹」と数えることが増えてきており、現在ではどちらも正しいようです。

では、なぜうさぎを「1羽」と数えるようになったのでしょう。これにはいくつもの説があるようです。

昔、仏教の教えで肉を食べる事が禁止とされていた僧侶が、魚や鳥は食べても問題なかったため、「鵜(う)鷺(さぎ)」と鳥に見立てた名前をつけたり、2本足で歩くウサギは鳥だとこじつけて食べたからだという、少しショックな説や、ウサギの大きく長い耳が鳥の羽に見えるからだとする説が有力なようです。

ほかにも、漁師が狩猟で捕まえたうさぎを持ち帰るときに耳を束ねて持ち歩いていたために、耳を一把(ひとつか)みすることから「一把(わ)」と数えたことが「1羽」と変化していったとする説や、狩猟の方法がうさぎと鳥が同じだったからという説などもあるようです。

チョウの数え方

チョウは慣用的・専門的には「1頭」と数えますが、こちらも最近では「1匹」と数えるのが一般的です。

では、なぜ「1頭」と数えるのでしょうか。

英語では牛などの家畜を「head(ヘッド)」で数えます。これは動物園で飼育されている動物を数える際に使われ始め、動物園で飼育・展示されているチョウも、「head」で数えるようになったのだそうです。そのうち、昆虫学者達がチョウを「head」で数えるようになり、それを20世紀初頭に日本語に直訳したものが現代の日本語に定着した、という説が有力なようです。

人魚の数え方

人間は「1人」、動物は「1匹」で数えます。では人間と魚の性質を半分ずつ持つ人魚や、人間と馬の融合したケンタウロスはどう数えるのでしょう?

答えは「1人」です。

空想上の生き物でも、人間のように恋をしたり、言葉を話たりすると、私達は自分達と同類だと考えて、動物的な面を持っている空想上の生き物でも「1人」と数えるようです。

また、空想上の生き物が人間にとってどういう存在か、ということも数え方に影響するようです。例えば、昔話にしばしば登場する鬼ですが、暴れて人間を困らせる場面では「1匹」で数えられ、心を入れ替えて人間的な性格を持つと「1人」で数えられる傾向があるようです。ほかにも悪魔は「1匹」と数えますが天使は「1人」と数えます。

空想上の存在にも数え方があるのは面白いですね。

まだまだある!おもしろい数え方

物の数え方は、日本語で約500位あるそうです。ここからは、筆者がおもしろい!と思ったものをたくさんご紹介します。

マグロ

まず、イカに似て数え方がどんどん変わるのがマグロです。泳いでいるときは「1匹」、水揚げされると「1本」、半身に割かれて「1丁(ちょう)」、ブロックにされて「1塊(ころ)」、短冊状になって「1冊(さく)」、刺身に盛られて「1皿」刺身一つは「一切(きれ)」と数えるようです。

ウニ

ウニも数え方が変わります。殻をかぶった状態で「1壷」。1個と数えても間違いではないようで、さらに、殻から出した状態では「1粒」や「1房」と数え、商品として出されるときには「1枚」や「1折」になるようです。

たらこ

たらこは「1腹」です。ただ、たらことは、鱈のお腹の中に入っている卵の袋のことで、2つの袋が1セットになっていることから、たらこ1腹と頼むとたらこが2本出てきます。半分だけほしいときは、「たらこ2分の1腹」や「たらこ方腹」と言えばよいそうです。

そのほかいろいろ

このほかにも、状態などによって数え方がかわるものはたくさんあるんです。

<大仏>
鎌倉や奈良の座っている大仏は「1座」。立っている大仏は「1体」。これはなんとなくイメージできますね。

<はがき>
文字を書く前のハガキは「1枚」、文字を書いたあとは「1通」、特別の思い入れのこもった文章が書かれたものは「1葉」。心で単位が変わるなんて、日本語ならではという感じがしますね。

<家>
家は「1戸」と数えますが、高級感を表す場合は「1邸」。不動産業者が1990年半ばに考え登場したようです。

「イカ1杯ください」と言ってみよう

イカの数え方、どうでしたか?イカだけではなくたくさんの数え方をご紹介しました。こんなにいろいろな数え方があり、それぞれに由来があるのが面白いですね。機会があれば、人前で披露してみると感心されるかもしれませんよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

とうもろこし 夏野菜

やさしい甘さで子供から大人までみんな大好きなとうもろこし。最近は、大胆に芯ごと炊き込んだとうもろこしご飯が流行っていますよね。そんなとうもろこし、皆さんは余ったときどうしていますか。今回はとうもろこしの冷凍保…

ステーキ まとめ 牛肉

肉汁あふれるジューシーなステーキ、お好きな方も多いでしょう。日本ではお店でもステーキの焼き具合は大きく分けて3種類だと思いますが、実は10種類もの焼き具合があるのだとか!どのように分かれているのか詳しくご紹介…

たまごかけご飯をはじめ、出汁巻きやオムライスなど、何かとたまご料理が大好きな日本人。しかし、商品やお店によって「卵」と表記されているものもあれば「玉子」と書かれていたりなど、バラバラですよね。これらはいったい…

もうすぐ年末。大掃除をする方も多いのではないでしょうか?特にキッチン、換気扇などの油汚れは落とすのがとても大変です。そんな時に力を貸してくれるのが重曹。今回は、そんな重曹についてやクエン酸との使い分け、つけ置…

その国を代表する花や鳥、国花や国鳥の存在はみなさんご存じかと思いますが、なんとその国の菌、「国菌」というのが存在することは知っていましたか。気になる日本の菌はいったい何なのでしょうか。今回は、日本の国菌につい…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

現在アメリカで、Zach Kingという男性がVine上で公開しているマジック動画が話題を集めています。その編集作業やCG技術を駆使した独創的かつ精巧な動画は、見れば見るほどに魅入ってしまう中毒性があるんです…

日本酒 まとめ

「日本酒は飲んだことがあるけれど、自分で日本酒を買うにはどのような日本酒を飲めばいいかわからない」という方や「目上の方におすすめしてもらう日本酒はちょっと予算が高い」という方に、お酒のプロが選ぶ1,500円以…

日本酒 花見 まとめ

お祝いごとにはもちろん、四季折々の行事にも日本酒は欠かせませんよね。日本人なら是非知っておきたい、日本酒に関わる伝統的な季節の年中行事をまとめました。和食文化の中でも歴史の長い日本酒の、風流な楽しみ方をご紹介…

まとめ

野菜や果物ってすぐに新鮮さがなくなって使えなくなる事が多いですが、ここに紹介する方法では野菜、果物共、通常よりかなり長く良い状態で保存する事が出来ます。お財布にも優しいのは言うまでもありませんね。早速実践して…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

お菓子 チョコレート スイーツ

最近SNSで話題の「半熟ショコラ」をご存知ですか?しっとり染みわたるような口どけが大人気!そんな「半熟ショコラ」に、ホワイトチョコレートをベースにした商品が登場しました。そこで今回、パティシエ経験をもつ筆者が…

パーティーやピクニックの時に便利なプラスチックのスプーン。ついつい買いすぎてあまっていたりしませんか?最近、海外ではこのプラスチックスプーンをDIYのツールにしてしまう人が増えているんです。今すぐ試してみたく…

台湾

台湾ではいま「星空ドリンク」が大人気。カラフルなグラデーションを楽しみながら、ハーブティーやフルーツのブレンドを楽しめる、カクテルのようなドリンクです。今回は星空ドリンクの店「夢の飲」について、気になる中身や…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...