ローディング中

Loading...

みなさんは、のっぺという食べ物をご存知ですか?変わった名前なので聞いたことはあっても、どんなものかはパッと思い浮かばないかもしれませんね。のっぺの名前のネーミングの由来も気になりますよね。今回は、のっぺについて詳しくご紹介しましょう。

のっぺとは?

新潟の郷土料理 のっぺ

みなさんは「のっぺ」をご存知ですか?
「のっぺ」とは、新潟では当たり前のように食べられている家庭料理で、とろみのついた和風おかずです。とろみは片栗粉ではなく里芋によるもので、にんじん、さやえんどう、こんにゃく、しいたけなどの具材が使われています。サケやイクラをのせることもあるのだそう。家庭により具材は変えられますし、出汁の味も異なるでしょう。

ホッとしながら食べられる煮物なので、家庭に限らず、小料理屋さんや居酒屋などで提供されています。上品なのっぺは、お正月のおせちにはもちろん、冠婚葬祭などのイベント時にも欠かさない料理で、年中食卓にあがるほど。温かくしても冷たくしてもおいしいので、季節に合わせて食べられていますよ。

のっぺの名前の由来

のっぺは、「濃餅」や「能平」と書かれる「ぬっぺい」からきていて、“とろみのある”という意味です。里芋でとろみがつけられた煮物なので、それを指しているのでしょう。のっぺのほかに「ぬっぺい」「ぬっぺり」などと呼ぶこともあります。

のっぺは全国にある?

新潟県に限らず、奈良県、島根県などをはじめ、全国でも同じような煮物は食べられています。呼び名は「のっぺい」や「のっぺい煮」などさまざまあり、里芋ではなく片栗粉や葛を使うことでとろみをつけているものもありますよ。具材もそれぞれの地域で異なるようです。

のっぺとのっぺい汁の違いとは

新潟県の「のっぺ」と日本全国各地にある「のっぺい汁」の決定的な違いは、とろみのつけ方です。のっぺは里芋の自然なとろみがついているということをお伝えしましたが、のっぺい汁は片栗粉でとろみをつけます。

のっぺい汁を漢字で書くと、のっぺと同じで「濃餅汁」。餅のようなとろみを意味しており、のっぺい汁ものっぺ同様、“とろみ”が由来となってつけられた名前だということがわかります。のっぺものっぺい汁も具材は具だくさんで、そちらは共通しているようです。のっぺい汁には鶏肉などのお肉も入れて、食べられています。

のっぺとけんちん汁の違いとは

「けんちん汁」は、豆腐を崩したものと、千切りにカットされたごぼうや大根などの根菜類を油で炒めたものを、すまし汁にした料理を指します。「のっぺ」は煮物なので、汁物のけんちん汁とは大きく異なりますね。

けんちん汁は、神奈川県にある建長寺で精進料理として食べられたものが、けんちん汁として知られていったという説があります。精進料理が始まりなので、お肉やお魚は入っておらず、お出汁も昆布やしいたけなどからとったもの。すまし汁のほかに、味噌味の汁で味わいを変えることもあるそうですよ。

のっぺのおすすめレシピ

基本ののっぺのレシピ

のっぺの基本レシピです。野菜がたっぷり食べられるので、ヘルシーでおすすめですよ。やさしいお味で、心もほっこりと和みますよ。

干し椎茸を水で浸し、出汁をとります。出汁に使った干し椎茸も含め材料を2cm角に切り、大きめの鍋に7分目ほどまで水を入れ、里芋以外を煮ましょう。沸騰したら中火にして、砂糖、酒、醤油、出汁を入れて味付けします。最後に里芋を入れ、火からはずし余熱で火を通せばできあがり。醤油の味は、お好みで濃さを調節してくださいね。

中華風アレンジのっぺ

のっぺを中華風にアレンジしたレシピです。ますます食がすすみますよ。新潟出身でのっぺをよく食べているという方も、このようなアレンジを楽しんでみてはいかがでしょうか?

干し椎茸は水で戻し、材料を拍子切りにします。しいたけの戻し汁、水、シャンタン、酒、しょうゆと鶏肉、里芋、人参、大根などの材料をお鍋に入れ、沸騰したらアクをとり、塩、みりん、めんつゆで味を調節しましょう。弱火で煮たあと、冷ましながら味をしみこませたらできあがり。20分くらい煮ると、ほどよく野菜がやわらかくなりますよ。

豪華版のっぺ

野菜だけではなく、さけやいくらをのせた豪華なのっぺの材料と作り方です。食卓を華やかにしてくれるひと品ですよ。つやつやのいくらが色を添えますね。

干ししいたけと干し貝柱を水で戻し、すべての材料を切っておきます。戻し汁とともに材料をお鍋に入れ、中火にかけて沸騰したら、鶏肉を加えましょう。そのままふたをして、10分ほど煮ます。醤油とみりん、鮭を加えてさらに煮ること5分。お好みでいくらを加え、茹でたキヌサヤエンドウを添えて盛り付けたらできあがりです。上品な見た目の煮物なので、お客さんに出すのにもぴったりです。

いかがでしたか?

いかがでしたでしょうか?
のっぺは、新潟県においては小さいころからなじみのある料理。あっさりとしていますが、お正月などの際は、具材にいくらやさけを加えて豪華に作ることもでき、わたしたちの生活に寄り添うひと品のひとつです。あなたもぜひ、おいしい和風の味を口にしてみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

スイーツ

東京原宿で大人気の「ポムポムプリンカフェ」がついに名古屋にやってきました!キラキラと輝く店内で楽しめるのは、名古屋名物のひつまぶしや、食べてびっくり!スイーツになった味噌カツまで。ぜひお友達とお出かけしてみて…

お菓子 ピザ スイーツ

アオキーズ・ピザから「しるこサンドピザ」が新登場します。今回楽しむことができるのは、発売50周年を迎えたご当地の代表的なお菓子「しるこサンド」とスペシャルコラボした新感覚のおやつピザ♩この春ぜひご家族やお友達…

まとめ 和食 カレー 納豆 お雑煮

Twitterで話題の「#当たり前だと思ってたけど実は変だった我が家の食文化」を知っていますか?各家庭によりいろんな食生活、食べ方があるんだなと、みなさんの呟きを見ていると驚いたり、発見があったり。どんなツイ…

そば 新潟 まとめ

「へぎそば」をご存知でしょうか?新潟県の魚沼地方が発祥で、つなぎに布海苔(ふのり)という海草を使った独特な製法で、特有な色と食感があります。都内でもへぎそばのお店が何店かありますが、本場の新潟で、おすすめのお…

みかん

冬といえばみかん!お正月はこたつでのんびりみかんを食べて過ごす……という人も多いのでは?みかんの皮や実で作る、SNSで人気の「みかんアート」を実際に作ってみました!簡単に作れる、詳…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

おしゃれ まとめ

スタバで裏メニューがあるということはとても有名ですがイマイチわからない人も多いのでは?そんな人のために「スタバの裏メニュー」をまとめました。これであなたもスタバ通!ぜひお気にいりのメニューを見つけてください!…

日本酒 まとめ

貰い物の日本酒って、ついつい全部飲み切れずに中途半端に余ってしまうことってよくありますよね。そんなときにオススメしたい日本酒の活用法を3つご紹介します!

まとめ

思わず髪を切りすぎて、後悔したことってありませんか?そんなときに食べると効果的と言われる食材を紹介します。髪の毛の健康を考えて、一日でも早く髪の毛を伸ばすために、食べ物にこだわってみてもいいかもしれませんね!…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

シュークリーム 和菓子

シュークリーム専門店「ビアードパパ」が2016年1月7日から期間限定で、和風シュークリーム「白雪だいふくシュー」を販売!まるで苺大福のような和風のシュークリームは、しっとりしたソフトな食感のシュー生地を求肥で…

まとめ

NHKの人気情報番組『ためしてガッテン』をご覧になっている方も多いのでは?番組で紹介されたお役立ち情報から、覚えておきたいグルメ関連の情報を厳選しました。すぐに役立ちそうなものばかりです!ぜひ取り入れてみてく…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...