ライター : ELEMINIST

サステナブルな暮らしをガイドするサービス

ELEMINIST(エレミニスト)は、日本をはじめ世界中の厳選された最新のサステナブルな情報をお届けするサービスです。エシカル and ミニマルなライフスタイルをガイドします。衣食住美・…もっとみる

この記事は、サステナブルな暮らしをガイドするサービス「ELEMINIST」の提供でお送りします。

規格外野菜・余剰在庫生地を蘇らせたアップサイクルエプロン4月1日「Makuake」にて販売開始

LOVE the FOOD ONCE MORE 7,000円(税込)
「GATSBY(ギャツビー)」と、アップサイクルデザイナーmaro kuratani氏のコラボによるエプロン「LOVE the FOOD ONCE MORE(ラブ ザ フード ワンスモア)」が、2021年4月1日からクラウドファンディングサイト「Makuake」にて販売を開始する。
GATSBYは、 4月26日に神戸・三宮にオープンする「完全メンバー制×スピークイージー」をコンセプトとした隠れ家レストランだ。
このエプロンは、 “もう一度、食べ物を愛そう”というテーマのもと、余剰在庫となった布生地や神戸を中心に栽培された市場に流れない規格外野菜、廃棄物となる野菜の皮を原料につくられている。
天然素材100%の薄地の生地で、ブランドタグには、人の健康に有害となる可能性のある物質を一切含まない素材を使用している。

アパレルを通してフードロス問題と向き合う機能的なエプロン

カラーは、紫にんじんによるブルー、たまねぎの皮によるオレンジとカーキ、アボカドの皮によるベージュの4色に加え、染色なしのプレーンの全5色を展開。
両脇のポケットのほか、左胸にはペンポケットがついていおり、実際のレストラン現場でも使われるような機能性を重視したデザインに仕上がった。
左の胸元に施された刺繍“LOVE the FOOD ONCE MORE”には、このエプロンを通して一人でも多くの人々が、食べ物一つ一つや、食べるということに対して改めて向き合ってほしいという思いが込められている。
皮まで余すことなく野菜を丸ごと使用することで、アパレルを通じてフードロス問題に向き合う狙いだ。なお「必要な分を、必要な分だけ」という考え方から、数量限定の受注販売となっている。

製作者コメント

(左から)Wakana Kawahata氏、maro kuratani氏

Wakana Kawahata氏 / エシカル・コンシェルジュ

このエプロンが、みなさまの日々の食生活を楽しく豊かにしたり、食べ物を大切に思える瞬間が少しでも増える、そんな存在になれば幸いです。GATSBYやLOVE the FOOD ONCE MOREを通じてみなさまとともに『食べ続けられる未来』を創っていきたいと思います。

maro kuratani氏 / アップサイクルデザイナー

このエプロンを通して“ふだん捨てていたものも、未だ使えるんだ”ということを、手に取ってくれたみなさんと一緒に感じることができれば嬉しいです。いままで捨てていたものが形や色味を変えて、私たちの生活に彩りを与えてくれることを体現したいと思います。
お問い合わせ先/GATSBY(ギャツビー)
https://www.instagram.com/gatsby_boozys/
提供元:
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ