ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

桜に負けない!? ローソンの新作お芋スイーツ

Photo by muccinpurin

2021年3月16日(火)、ローソンのマチノパンから新作「ほっくり安納芋タルト」が発売されました。

香ばしいくるみ入りのタルト生地と、ペースト状の安納芋を練り込んだホックりとやさしい甘さの安納芋ケーキ生地を組み合わせているとのこと。今の時期は桜や苺スイーツに心惹かれがちですが、季節外れの安納芋スイーツが意外にも傑作でした。

人気の品種「安納芋」とは?

安納芋とは、鹿児島県種子島の特産として知られるさつまいも。水分が多くねっとりとした果肉が特徴で、焼いただけで糖度が40度になるとも言われ、スイートポテトのような強い甘さが特徴です。

ローソン「マチノパン ほっくり安納芋タルト」

Photo by muccinpurin

価格:135円(税込)
ローソンから新たに発売された「マチノパン ほっくり安納芋タルト」は、安納芋のペーストを練り込んだ安納芋ケーキ生地と、刻んだくるみ入りのタルト生地を合わせ、お菓子とパンのいいとこ取りをしています。

ローソンのマチノパン名義となっていますが、敷島製パン(パスコ)が製造。

Photo by muccinpurin

原材料にはマーガリン、さつまいもペースト、白あん、生クリーム、くるみなどを使用。「パンに白あん?」と珍しく感じるかもしれませんが、焼菓子に白あんを混ぜると口どけがよくなるというメリットがあり、よく使われるんですよ。

生クリームやマーガリンなどを使ったリッチな生地のため、1個当たりのカロリーは375kcalとややお高めでしたが、さつまいもが旬の秋以外に安納芋スイーツが食べられるとあって、芋好きの筆者は心を躍らせずにはいられません。

安納芋の甘さ全開!白あん効果で口どけなめらか

Photo by muccinpurin

タルトを割ってみるとまるで焼きたてのお芋のような甘い香りがふわっ。糖度が高いことで知られる安納芋を使っているだけあり、ポテト生地部分の甘さがガツンときますよ。砂糖や水あめも使われているようですが、じっくりと焼き上げた安納芋本来の自然な甘さです。

生地はしっとりほろほろとやわらかく、白あん効果もあって口どけなめらか。トップにあしらわれた黒ごまの香ばしい食感も、安納芋と相性抜群です。

Photo by muccinpurin

写真から伝わりますか、このざくほろ感。タルト生地にさりげなく混ぜ込まれたくるみの香ばしさが心地よく、ナッツのコクと安納芋のやさしい味わいに癒されます。

さつまいもが旬の時期には安納芋をはじめ数々のさつまいもパンが登場しましたが、筆者個人的にはパン生地よりも、歯切れや食感のいいタルト生地と安納芋の組み合わせがしっくりきました。

なにより安納芋生地がたっぷりで、まるでスイートポテトを食べているようなリッチな気分に浸れるのが魅力的。食べる前は小ぶりに感じましたが、安納芋本来の甘さがしっかりと感じられたせいか、ちょうどいいサイズ感でした。牛乳と合わせておやつに食べたい、素朴な味わいです。

芋好きも納得の傑作!

Photo by muccinpurin

桜のピンクや苺の赤に比べれば華やかさに欠けるビジュアルですが、いざ食べてみると安納芋の魅力全開の傑作。さつまいもが旬の時期だと多くのさつまいもアイテムに埋もれてしまいそうなので、むしろこの季節に登場してくれてありがとう、の気持ちでいっぱいです。
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。

商品情報

■商品名:マチノパン ほっくり安納芋タルト
■内容量:1個
■価格:135円(税込)
■カロリー:1個あたり357kcal
■販売日:2021年3月16日(火)
■販売場所:全国のローソン各店
※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
※沖縄地域では商品仕様と価格が異なります。
Photos:6枚
黒い皿にのったほっくり安納芋タルト
マチノパン ほっくり安納芋タルトのパッケージ
ほっくり安納芋ポテトの原材料表示
袋から出して半分にカットしたほっくり安納芋ポテト
フォークでカットしたほっくり安納芋タルト
袋から取り出したほっくり安納芋タルト
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ