ライター : akiyon

犬のお散歩とお弁当作りが日課の主婦ライター。「食」や「暮らし」の分野での、トレンド情報・レシピなどをお届けします。特にカルディや成城石井の商品についての実食レポ多数。おすす…もっとみる

カルディに登場!チューブ入り早漬けの素

Photo by akiyon

食事の支度をしている間に漬け物を作れてしまう!そんな便利なアイテムが、カルディに登場しました。食材が早く漬かるうえに、チューブ入りで使い勝手も抜群。

すでにカルディで販売されているチューブ入り「ぬか漬けの素」は、とても便利でおいしいと大人気です。はてさて、この新商品の味わいやいかに!? さっそく夕食作りに使ってみることにしました。

国産みりん粕使用「早漬けの素」

Photo by akiyon

267円(税込)
「早漬けの素」は希少な食材「みりん粕(こぼれ梅)」を使用した、みそ味ベースの漬け物用調味料。最短で30分ほど漬けるだけで、漬物や料理がおいしく作れます。

キャップのついたチューブ入りで、内容量は180g。冷蔵庫で保存しつつ、数回食事作りに利用できるところが便利ですよ。カロリーは100gあたり179kcalです。

みりん粕(こぼれ梅)とは?

あまり耳にしたことのない「みりん粕」とは、伝統製法でみりんを作る際に出るしぼり粕のこと。今では手に入りにくい貴重な食材で、梅の花に形が似ていることから「こぼれ梅」とも呼ばれています。

粕漬けや甘酒をはじめとしたさまざまな料理に使用でき、お菓子の材料にすることも。話題の発酵調味料として、注目したいですね♪

香り高くてまろやか

Photo by akiyon

使われている原材料は、みりん粕のほか米みそ、しょうゆ、砂糖、醸造酢など。しっかりとした塩気があり、甘みと酸味がバランスよく加わっています。

みそやみりん粕の風味がよく、とてもまろやかな味わいです。みそよりずっとゆるめなので、食材に簡単に塗ったり絡めたりできそうですよ。

自然な甘みがおいしい。野菜の早漬け

Photo by akiyon

まずトライするのは、野菜の早漬け作りから。使い方はごく簡単で、カットした野菜を30分ほど漬け込むだけ。ジッパー付きの保存袋を使うと便利ですよ。

今回使用した野菜は、なす、きゅうり、にんじん、紅芯大根の4種類。ほかのおかずやみそ汁を作っていたら、あっという間に30分経過しました。

Photo by akiyon

できあがりがこちら!調味料を軽く拭き取ってからお皿に盛り合わせました。生のときよりも色鮮やかになったように感じます。

固かったにんじんや大根も、しんなりと漬かっていますよ。本当に30分で仕上がるなんて感激。

野菜がもりもり食べられる!

Photo by akiyon

さっそく味見してみると、ふわっと麹のようなやさしい香り。ほどよい塩気のなかにほんのりとした甘みや酸味があり、噛むたびに野菜の旨みがじんわりと染み出てきます。

特におすすめなのが、なす。甘みが際立ちエグみもまったく感じません。またきゅうりや大根は食感を残しつつもやわらかくなり、にんじんは特有のクセが抜けてとても食べやすくなりました。

いずれもあとを引く味わい。これなら野菜な苦手なお子さんでも、たくさん食べられそうです♪
Photos:10枚
早漬けの素で作った漬け物とパッケージ、箸
早漬けの素のパッケージ
器に出してスプーンですくった早漬けの素
早漬けの素をまぶしてに保存袋に入れた野菜
早漬けの素で漬けて器に盛った野菜4種
箸で持ち上げたなすの漬物
早漬けの素を塗ってラップで包んだ鶏肉
早漬けの素を下味にして作った鶏のソテー
箸で持ち上げた鶏肉のソテー
テーブルに並べた早漬けの素のパッケージ、漬け物、鶏肉のソテー、ご飯、味噌汁
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ