ナイロン、ポリエチレン

ナイロンやポリエチレンは、袋状の真空保存容器に使われている素材です。肉や魚、カット済み野菜などの保存に向いています。使ったあとは袋を捨てることができ、洗う手間がかからないところがうれしいポイント。

プラスチック

プラスチックは軽くて丈夫なので、容量の大きな真空保存容器を選んでも冷蔵庫や戸棚からの出し入れがスムーズ。大きいサイズの真空保存容器を探している方におすすめの素材です。電子レンジに対応している容器もあり、冷蔵庫から取り出してすぐに加熱調理ができますよ。

ABS樹脂

ABS樹脂はプラスチックの仲間である素材です。耐衝撃性に優れ、落としたりぶつけたりしても割れにくく、長い間使い続けることができます。しかし日光や紫外線に弱いので、日の当たる場所に置くのは避けましょう。

ガラス

中身がみえるガラス製の真空保存容器は、ニオイ移りしにくいことから、コーヒー豆や漬物など香りが強い食べ物の保存に向いています。おしゃれなデザインも多く、見せる食材収納として使いたい方にぴったりです。

おすすめの真空保存容器8選

1. 貝印「真空ポンプ&保存袋(スターターセット)」

ITEM

貝印「真空ポンプ&保存袋(スターターセット) DH2058」

¥695〜

材質:袋外面/ナイロン、内面/ポリエチレン、ジッパー部/ポリエチレン サイズ:Mサイズ/幅23×奥行27.5cm、Sサイズ/幅20×奥行22cm

※2021年2月11日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

洗いやすさと密閉性に優れた袋

袋タイプの真空保存容器は使い捨ての場合は多いですが、貝印の「真空ポンプ&保存袋(スターターセット)」は洗って繰り返し使えるコスパのいいアイテムです。

内側の片面にあるエンボス加工により、汚れが落ちやすくお手入れが簡単。7層フィルム&二重ジッパー構造なので、密閉性が高く気になる冷蔵庫のニオイ移りや液漏れを防ぎます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ