ライター : やむ

温泉旅行好きグルメライター

温泉ソムリエの資格をもつフリーライター。持ち前のリサーチ力と行動力でたくわえた、おいしいグルメ情報を発信します。

真空保存容器とは?

真空保存容器とは、容器内の空気を抜いた状態で保存ができる入れ物です。一般的な密閉型の保存容器とは異なり、空気を抜くことで食べ物の酸化を防ぎ、フレッシュな状態をキープします。使いかけの乾物を保存したり、水気のあるお肉や野菜の長期保存に使ったりと、あらゆる食べ物の保存に適した容器です。

真空保存容器の選び方

形状で選ぶ

置き場所や冷蔵庫内の高さにあわせて形を選びましょう。袋状であれば冷蔵庫内のスペースをとりすぎることなく、立てかけても横にしても置いておけます。

容器は四角い形状と筒状の2タイプ。冷蔵庫の棚に置きたいときは、高さがあまりないスクエア型がおすすめ。一方、高さのある筒タイプはペットボトルと同じようにドアポケットに入れられるものも多く、スペースをとりすぎないところがメリットです。

空気の抜きやすさをチェック

真空方法は手動でおこなうポンプ式と、ボタンを押せば自動でおこなってくれるボタン式の2タイプにわかれます。

真空保存をする機会が多い方や空気の抜きやすさを求める方は、楽に操作できるボタン式がおすすめです。真空保存容器をリーズナブルに購入したい方は、ポンプ式を選びましょう。ポンプ式でも操作方法はむずかしくないので、真空保存容器の使用頻度にあわせてタイプを選ぶといいですよ。

扱いやすさをチェック

食洗器に対応している真空保存容器は、手洗いの手間が省けて扱いやすいです。食洗器に対応していない容器を選ぶときは、分解しやすい・パーツが少ない・凹凸があまりないものを選ぶとお手入れが楽にできます。

素材で選ぶ

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS