ライター : macaroni_press

macaroni公式プレスリリースアカウントです。企業からの公式情報を元に、新発売や新店舗の案内、週末のイベント情報などをお届けします。

都内のスーパーに都市型農場野菜「インファーム」が登場!

Photo by Infarm – Indoor Urban Farming Japan 株式会社

ベルリン発の都市型農場野菜のプラットフォームである「Infarm(インファーム)」が、東京都内3店舗のスーパーマーケットにアジア初出店!紀ノ国屋インターナショナル(青山店)では、2021年1月19日(火)より店内に設置され た「ファーム(畑)」で栽培されたハーブが販売中。続いて、1月23日(土)からは Daily Table KINOKUNIYA 西荻窪駅店、1月26日(火)からはサミットストア五反野店にて順次販売されています。

3店舗それぞれ異なる野菜やハーブを販売!

Photo by Infarm – Indoor Urban Farming Japan 株式会社

紀ノ国屋インターナショナル(青山店)では、イタリアンパセリ、イタリアンバジル、ミント、パクチーなど、バラエティに富んだ4種類のハーブが取り揃えられています。

Daily Table KINOKUNIYA 西荻窪駅店では、ゴールデンスベリヒユ、スカーレットケール、トスカーナケールがミックスされた「ニュートリショナルサラダブースター」、レッドソレル、赤水菜、赤からし菜に「スプリングサラダブー スター」、わさびルッコラ、クレソン、赤からし菜が入った「スパイシーサラダブースター」の3種類のサラダブースターが販売されています。

大規模な建替えがおこなわれたサミットストア五反野店では、イタリアンバジルとパクチー、さらにパリッとした食感とクリーミーな味わいが特徴のクリスタルレタスが販売されますよ。

2021年4月までには、首都圏で新たに複数店舗で展開される予定です。

スタッフが定期的にファームを訪問して収穫!

Photo by Infarm – Indoor Urban Farming Japan 株式会社

店舗には定期的に「インファーム」のスタッフが訪れて、店内のファームで育った野菜を収穫し、次のサイクルのために新しい苗を植え替えています。生産から消費までの輸送距離を最短にすることで、栄養素と風味がフレッシュな状態のまま購入が可能。

購入した後は自宅で2cm程度の水を入れた容器に根を浸し、高温多湿を避けて保存すれば、フレッシュな状態を保つことができますよ。

インファームについて

Photo by Infarm – Indoor Urban Farming Japan 株式会社

「インファーム」は、組み立て式のファームを都市全体に配置し、都市に在住する市民のために新鮮な農作物を栽培しており、2013年に「都市の自給自足を支えるとともに、食料の安全性、品質、環境フットプリントを大幅に改善する」というミッションのもと設立されました。

世界で10カ国、30都市で事業を展開。化学農薬を使用せず、土壌ベースの農業よりも99.5%減の土地、95%減の水、90%減の輸送距離で、毎月50万本以上のハーブと野菜を収穫しています。農業の新しいスタンダードとして、これまで50,000平方メートルの土地と4,000万リットル以上の水の節減を成功。

またグローバルGAP認証を取得した最初の水耕栽培事業でもあり、食品安全においても最高水準です。さらに店内や近隣地域で農作物を栽培・収穫することで、食品廃棄物の削減に向けて積極的に貢献をしていくとのこと。

もっとも新鮮な野菜とハーブをスーパーで!

お店で収穫された採れたての野菜やハーブは、新鮮そのもの!安全面にもこだわっているのでお子さまにも安心です。「インファーム」が設置されたスーパーへ行かれる際は、ぜひチェックしてみてくださいね。

販売概要

■店名:「Infarm(インファーム)」
■販売場所:紀ノ国屋インターナショナル(青山店)、Daily Table KINOKUNIYA 西荻窪駅店(東京都杉並区)、サミットストア五反野店(東京都足立区)
Photos:4枚
スパーに緑の野菜がたくさん置かれている
野菜が透明なドアの冷蔵庫に入ってスーパーに置いてある
女性が冷蔵庫に野菜を補充している
男性が野菜の入った冷蔵庫の前に立っている
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ