保存期間・保存方法

密閉容器に入れるか、焼きうどんを皿に盛り付けてラップをし、冷蔵庫で保存してください。1~2日を目安に食べ切りましょう

もやしやキャベツの食感が悪くなるおそれがあるため、冷凍保存は避けてください

管理栄養士のコメント

キャベツやもやし、えのきなどには「食物繊維」が豊富です。食物繊維は糖質の吸収をゆるやかにし、食後血糖値の急上昇を抑える作用があります。

うどんを空腹時に摂ると、血糖値が急上昇して、糖質が脂肪として蓄積されやすくなるおそれが。焼きうどんを食べる際は、食物繊維が豊富な具材から食べることをおすすめします。(※3)

ヘルシーな焼きうどんのレシピ3選

1. 焼かずに作る。豚肉とキャベツの焼きうどん

Photo by macaroni

ウスターソース入りの合わせ調味料で仕上げる、しっかりとした味わいの焼きうどんです。電子レンジだけを使って作るため、調理油の量を抑えられますよ。手早く作れるので、ランチにおすすめ。

2. レンジで簡単。担々麺風焼きうどん

Photo by macaroni

中華風の豚そぼろをうどんにからめて作る、担々麺風のひと品です。豚そぼろもうどんも電子レンジ調理のみで作れるため、ヘルシーに仕上がります。チンゲン菜や長ねぎといった、食物繊維が豊富な野菜がたっぷり摂れるのもうれしいポイント。

3. 肉なしでもおいしい。ホルモン風焼きうどん

肉を使わない、ダイエット中にぴったりなホルモン風焼きうどんです。ホルモンを冷凍こんにゃくで代用するため、ぐっとカロリーを抑えられます。焼肉のたれやコチュジャンで味付けすることで、本格的な味わいに仕上がりますよ。(※2)

低カロリーな焼きうどんを作ってみよう!

焼きうどんは糖質量が多く、カロリーが高いため、ダイエット中に食べる場合は工夫が必要です。焼きうどんを低カロリーに仕上げるには、うどんの量を減らしたり、低カロリーな具材でカサ増ししたりするのがポイント。豚バラ肉を鶏むね肉に置き換えるだけでも、カロリーを抑えることができますよ。

また、フライパンで炒めず、電子レンジ調理で仕上げるのもおすすめ。調理油を使わないことで、カロリーオフにつながります。ぜひ、ヘルシーな焼きうどんのレシピを試してみてくださいね。
【参考文献】
※2 新食品ビジュアル成分表 新訂第二版|大修館書店
(2021/01/18参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ