ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

ヒット目前のバブカにいちご味が登場!

Photo by muccinpurin

2021年1月12日(火)、全国のセブン-イレブンにて新作パン「いちごのバブカ」が発売されました。

バターを丁寧に織り込んだ甘酸っぱいいちごとチーズが香るチョコレートクリームを巻き込んだ、甘くリッチなパンは罪の味。ここ数年日本でもじわじわ流行りつつあるバブカ、今年はついに爆発的ヒットになるかも!?

バブカとは…

バブカとは、19世紀初頭にユダヤ人によってつくられたと言われる中東発祥のパンの一種。デニッシュのようなバターたっぷりの生地にチョコレートを織り込み、四角い型に入れて焼かれたバブカをカットすると、チョコレートと生地の美しい層が現れます。

数年前からアメリカでも爆発的ヒットとなり、パティスリーやベーカリーの定番アイテムとなりました。

セブン-イレブン「いちごのバブカ」

Photo by muccinpurin

「いちごのバブカ」159円(税込)
バブカといえば、数年前からアメリカ・ニューヨークで爆発的ヒットを飛ばしているパン。ここ数年日本でも見かけるようになり、ネクストブレイク必須のパンなんですよ。

バターをたっぷり使ったデニッシュ生地にチョコレートを織り込み、ケシの実を散らして焼くのが一般的ですが、この度セブン-イレブンから発売されたいちごのバブカはその名の通りいちごを使った春を思わせるひと品です。

Photo by muccinpurin

バターを丁寧に織り込んだデニッシュ生地で包むのは、甘酸っぱいいちごとチーズを使ったチョコクリーム。聞いただけでもおいしそうではありませんか?と同時に、カロリーが高そうな気もしますが……。

念のためお伝えしておくと1個当たりのカロリーは367kcalでしたよ。

Photo by muccinpurin

見た目はごくごく普通のデニッシュのように見えますが、表面がうっすらピンク色なのがわかりますか?舐めてみるとほんのり甘酸っぱく、どうやらいちごを乾燥させたもののよう。ひと口目からいちごを感じられるように工夫されていましたよ。

さくほろパイからいちごの香りふわっ

Photo by muccinpurin

写真ではわかりづらいのですが、中央に大きく空いた穴の中にいちごとチーズが香るチョコクリームが挟まれていました。ひと口頬張ると、サクほろのパイからいちごの甘酸っぱい香りがふわっ。少ないように見えたチョコクリームですが、乾燥いちごの甘酸っぱい風味が噛むほどに口いっぱいに広がります。

セブン-イレブンの公式サイトは「チーズ香る」とありましたがいちごの風味の主張が強く、筆者はチーズをあまり感じませんでした。

Photo by muccinpurin

通常のバブカはデニッシュ一層一層のあいだにチョコレートが織り込まれているので、それと比べると見た目のインパクトには欠けます。とはいえ、噛むほどに香るいちごの風味が春を感じさせ、なおかつバターのミルキーさも感じられるリッチなパン。これは2021年ヒットの予感がします!

ヒット間近な罪の味

Photo by muccinpurin

サクほろデニッシュ生地でいちご風味のチョコレートを包み込んだ、セブン-イレブンの「いちごのバブカ」。生地の軽やかさといちごの酸味がちょうどマッチして、春を予感させる菓子パンでした。

今回はいちご味でしたが、定番のチョコレートバブカもかなり罪な味なんですよ。2021年、バブカがヒットの予感。ぜひ覚えておいてくださいね♪
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。

商品詳細

■商品名:いちごのバブカ
■内容量:1個
■価格:159円(税込)
■カロリー:1個当たり367kcal
■販売日:2021年1月12日(火)以降順次発売
■販売場所:全国のセブン-イレブン各店
※店舗によって、取り扱いがない場合があります。
Photos:7枚
半分にカットして重ねたいちごのバブカ
いちごのバブカのパッケージ
いちごのバブカの原材料表示
パッケージから出したいちごのバブカ
半分にカットしたいちごのバブカ
半分にカットし手に持ったいちごのバブカ
半分にカットして重ねたいちごのバブカ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS