バリエーションが豊富!プラスチック製

プラスチック製弁当箱にはいろんな色柄やデザインがあり、価格も比較的リーズナブル。電子レンジや食洗器対応の製品が多く、パッキン付きなら汁漏れもしにくいです。食べ物の色や油汚れ、においが残りやすいのが難点といえます。

軽くて扱いやすく錆びにくい。アルミ製

昔は弁当箱といえばアルミ製が一般的でした。軽くて扱いやすいうえ、汚れが落ちやすくにおい移りも少ないため、いまでも根強い人気がある材質。パッキン付きの製品が少ないことから汁漏れしやすく、金属なので電子レンジで使用できません。

丈夫で長く使える弁当箱!ステンレス製

ステンレス製は丈夫なので変形しにくく、長く使用できるのが一番の利点。食べ物の色やにおいが移りにくく錆にも強い材質で、汚れが簡単に落ちるため常に清潔を保てます。食洗機対応の製品もありますが、基本的に電子レンジの使用はNGです。

吸湿性に優れて冷めてもおいしい。木製

木製弁当箱は吸湿性があるため蒸れにくく、冷めてもごはん本来のおいしさを味わえるのが魅力です。特に曲げわっぱの弁当箱が人気で、杉やヒノキの香りが食欲をそそると評判。手入れを怠ると、カビの発生や油ジミができやすくなります。

弁当箱を選ぶときのチェックポイント

フタの密閉性をチェックして汁漏れを予防

お弁当を持ち歩くときに一番気をつけたいのが汁漏れです。ランチタイムに取り出したら、汁が漏れていてバッグが汚れてしまった、ということがないよう注意しましょう。

パッキン付きやロック式など、フタの密閉性が高いプラスチック製弁当箱を選ぶと安心。密閉性が劣るアルミや木製弁当箱なら、2段タイプがおすすめです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ