ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

弁当箱には4種類のタイプがある!

面が広くてレイアウト自在「フラットタイプ」

1段式のフラットタイプは面が広く、レイアウトは自由に調整可能。その日の気分にあわせてごはんとおかずの割合を変えられたり、海老フライや焼き魚など、幅や長さのある食材をそのまま入れたりできます。

お弁当作り初心者はもちろんのこと、キャラ弁作りにも適したタイプです。電子レンジ対応の製品が多いので、温めることができて便利ですよ。

ごはんとおかずを区別できる「2段タイプ」

ごはんとおかずを別々の容器に入れて、重ねるのが2段タイプの弁当箱です。上下に分かれているので、おかずの汁やにおいがごはんに移ることなく、詰めた状態のまま保つことができます。

高さはあるものの底面積が狭いので、バッグの中へ入れても場所を取らず、汁漏れのおそれが少なくて安心。特に女性に人気のあるタイプです。

丸くてキュートな形が目を引く「丼タイプ」

丼タイプとは、その名のとおり丼物を楽しめる弁当箱です。下部が丸くなっているキュートな形や、「カフェ丼」を冠したデザインのものなどがあります。

実際には、中でおかずとごはん容器が上下に分かれているので、食べるときにごはんがベチャベチャということはありません。

大容量でごはんが温かい「ランチジャータイプ」

ランチジャータイプは、おもに魔法瓶メーカーから販売されており男性に人気があります。保温性に優れていて、いつでも温かいごはんが食べられる弁当箱です。

おかずや汁物用に容器が2個あるタイプが多く、容量が大きいことから、食べ盛りの学生やハードな仕事をする人におすすめ。

弁当箱の材質をチェックして選ぶ

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ