おすすめの食べ方

Photo by 丸山夏名美

おいしいお醤油はそのまま舐めてもすばらしいです。せっかくなのでご飯にかけていただきます。「鶴醤」の華やかなコクと「菊醤」のキリッとした旨味を比べながら味比べをするのはなんとも贅沢……。ひと口食べるごとに幸せが感じられます。

Photo by 丸山夏名美

醤油がおいしければ余分な味は一切不要。こちらの野菜の醤油漬けは、味付けは「菊醤」のみ。熟成されたお醤油の旨味に唾液がジュワッと溢れ出します。こんなに滋味深いお漬物をおうちでいただけるなんて感動ものです。

Photo by 丸山夏名美

「この上品で深い味はスイーツにも合うのでは?」と思い、アイスクリームに少々かけてみました。発酵の複雑な旨味と塩気が、アイスクリームの味わいをグッと引き上げてくれます。甘いもの好きだけでなく、酒飲みの方にもおすすめの甘味となりました。

商品情報

■販売者:ヤマロク醤油株式会社
■商品名:鶴醤 / 菊醤
■内容量:145ml / 500ml
■価格:ともに145ml 540円 / 500ml 1,296円(税込)

【愛媛県】塩みかん(株式会社ミヤモトオレンジガーデン)

Photo by 丸山夏名美

愛媛の名産物と言えばみかん。そのみかんを塩漬け、熟成させて生まれたのが「塩みかん」です。みかん特有のやさしく爽やかな香りと酸味に塩気が加わって、味のアクセントに万能♪ 和洋中からスイーツまでいろいろなお料理に合わせられます。

もともとは、みかんを育成するときに間引いた熟成前の青いみかんをおいしくいただけるように生み出したそうですが、消費者の希望もあって完熟みかんのタイプまで生まれました。今ではご当地名物としてTV、新聞、雑誌などでも紹介されています。

おすすめの食べ方

Photo by 丸山夏名美

「塩みかん」をだし汁で伸ばしたソースは、しゃぶしゃぶのタレにもピッタリです。爽やかなので食がどんどん進みます。このタレはゆで野菜や冷奴などでもおいしいはず。瀬戸内が育てたみかんを、このような形で香り豊かにいただけるのはうれしいですね。

Photo by 丸山夏名美

「塩みかん」をクリームチーズと和えてトーストに塗って食べてみました。角のない甘さと塩気がクリームチーズとも相性バッチリ。時間がない朝でも、ちょっぴり贅沢な清々しい気分を味わえます。

Photo by 丸山夏名美

穴子の白焼きに添えたところ、これも相性がよい♪ 柑橘の香りが白焼きの味を引き立てます。梅肉を叩くのもよいけれど、また違った味わいを発見しました。

商品情報

■販売者:株式会社ミヤモトオレンジガーデン
■商品名:塩みかん(完熟みかん / 青みかん)
■内容量:150g
■価格:オープン価格

【高知県】宗田節 粉末だし(有限会社新谷商店)

Photo by 丸山夏名美

ソウダガツオ(通称メヂカ)を原料とする鰹節「宗田節」は、漁師さんが一尾一尾釣り上げた新鮮なメヂカを職人さんたちの手によって処理し、半年以上かけて作られている土佐清水の名産品です。

伝統を守りていねいに造られた宗田節は、上品で味わい深い出汁をひく際に使っても、削り節としてご飯やお豆腐にかけても絶品!今回ご紹介する「宗田節 粉末だし」は、宗田節のなかでも高級とされる冬のメヂカから作られています。粉末なので、年始のお料理やお雑煮で出汁をひくことが面倒なときに活躍しますよ。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS