ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

外食好き編集部員5人の「今年行ってよかった店」

おうち時間が増えた2020年。外食機会が減ったからこそ、一軒一軒でのひとときが尊いものだったのではないでしょうか。

この記事では、外食好きの編集部員5人が「今年特に印象に残ったお店」をご紹介します。みなさんも、どんな食との出逢いがあったか振り返ってみてください。

1. 新進気鋭の“発酵”レストラン。目黒「Kabi(カビ)」

Photo by macaroni

macaroni 副編集長 / 高倉遼
「手料理には時間をかける」ことがモットーの、出張料理人でホムパ狂。おうち時間の増加に伴いビールの消費量も増加、「痛風予備軍」と判定され、いよいよ体にガタが来つつあるmacaroniの副編集長。

Photo by macaroni

若きシェフ&ソムリエがタッグを組む、いま話題のレストラン。北欧や中南米など、世界の食のエッセンスを取り入れながら、「発酵」を軸に“日本の食”を独創的に再構築しているお店……だと僕は思っています。

いわゆる創作系のお店は敷居が高いイメージですが、スタッフの皆さんが若いこともあり、カジュアルに肩肘張らず、考え抜かれたひと皿を味わうことができます。

夏限定!「Summer Kabi」コース

Photo by macaroni

7,000円(税抜)※計7皿
7〜8月限定、夏の食材が盛りだくさんの全7皿コースです。すべての料理に驚きがあるなかで、ド肝を抜かれたのが「スペアリブ 鮎のソースと苺」。

丁寧に火入れしたスペアリブに、鮎をペースト状にしたソースを塗り、苺のピクルスを散らしたひと皿。旨味・酸味・甘味・苦味のバランスが絶妙な味わいに衝撃を受け、その場で翌月の予約を決めました。

2. 今年の食べ納めに。四谷「しほ瀬」

Photo by macaroni

macaroni 編集部 マネージャー / みやちゃん
編集部のマネジメントをおこなう一方、野菜ソムリエの資格をもつ健康オタクマネージャー。週末はいろんなスポットでジョギングをおこない、都内の四季折々の景色を堪能している。

Photo by macaroni

新宿区荒木町にあるふぐ料理店「しほ瀬(しおせ)」。老舗の佇まいで、1階はテーブル席、2階はお座敷で料理をいただけます。

メニューは単品注文も可能ですが、食べにくるお客さんはほぼコース料理を注文。ふぐ刺し・ふぐの煮こごり・ふぐの白子焼き・ふぐの唐揚げ、最後はふぐちりと、すべてふぐ尽くしです!

極上ふぐ料理をリーズナブルに「白子入りのコース」

Photo by macaroni

8,500円
ふぐ刺しは跳ね返すような弾力感、煮こごりはふぐのエキスが口いっぱいに広がり、白子焼きは今まで食べたなかでナンバーワン!クリーミーでコクのある味わいに感動しました。お腹がはちきれそうになりますが、鍋の〆の雑炊も必食です。

上質なふぐコースがコスパ良く楽しめるのもポイント。ヒレ酒を飲みながら今年一年を振り返っていると、思わず年末気分に……。今年の食べ納めにおすすめです。

3. 下町に隠れた鮨の名店。東向島「うを徳」

Photo by macaroni

macaroni編集部 トレンド担当ディレクター / もちこ
編集部きっての鮨マニア。大手回転寿司チェーンから都内高級店まで、週3回は寿司を食す。家でも握りの研究を欠かさず、My寿司下駄を持っている。インスタでは東京グルメを日々紹介中!

Photo by macaroni

東京スカイツリーの近く、墨田区東向島にひっそりと佇む鮨屋。名だたる食通からも信頼をおかれている、隠れた名店です。

創業は昭和36年。二代目大将の小宮さんは、京都の日本料理屋で修業されていたこともあり、握り以外の一品料理の評判も高いんです。うなぎの蒲焼きなんかは“日本一”と謳う人も(わたしも同感!)。和室を改装された昔懐かしく感じる店内も、味があってたまりません。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS