県産素材を使ったチーズケーキ

Photo by かふぅなゆうこ

400円(税抜)
浜辺の茶屋の元スタッフが那覇市首里で営む「島菓(とうか)」から仕入れるチーズケーキは、売り切れになることもある「浜辺の茶屋」の人気メニュー。紅芋とチーズの風味が合う、しっとりとしたケーキです。

「一年を通して主に使うのは紅芋ですが、夏から秋に沖縄で生産される『島かぼちゃ』といった季節ものを取り入れることで、観光で訪れる方に楽しんでもらえるメニューになっています。」(竹林さん)

Photo by かふぅなゆうこ

「訪れたお客様の記憶のなかに、少しでも浜辺の茶屋で過ごした時間や情景があってくれたら、何よりも嬉しいです。そして、また訪れたいと思ってもらえるような接客や空間をつくり続けたいと思っています。」(竹林さん)

しっかりと食事するなら、「山の茶屋 楽水」へ

Photo by かふぅなゆうこ

オープン後2年ほどで人気店となった浜辺の茶屋は、入店まで外で待つこともしばしば。そこで、ゆっくり食事を楽しめる場所を作ろうと生まれたのが、浜辺の茶屋のすぐそばの姉妹店「山の茶屋 楽水」です。

Photo by かふぅなゆうこ

駐車場からお店までは、100段ある石階段が続きます。海と山が混在するこの土地らしさを演出しようと、沖縄の城(グスク)をイメージして造られたこだわりの階段です。

海と緑を一緒に楽しむならお座敷で

Photo by かふぅなゆうこ

窓側のお座敷席からは、浜辺の茶屋より高い位置から木々とともに海を眺めることができます。

料理は、沖縄県産食材を使用した自然豊かな“さちばる”らしさを表現。木の温もりを感じる店内で、身体にやさしい自然食を楽しめます。

沖縄の味を楽しめる看板メニュー

さちばるピザ

Photo by かふぅなゆうこ

1,000円(税抜)
本窯で焼く自家製ピザは、パリパリの食感が特徴。とろ〜り伸びるチーズとの相性が抜群です。地元で採れたオクラやトマトなどの野菜と、アクセントにパイナップルがのった「さちばるピザ」は、沖縄らしさあふれる味わいです。

自然のなかで、自分と向き合える場所

Photo by かふぅなゆうこ

海の表情や、草木の匂い、やさしい風、自然の音。 “さちばる“の土地と海を存分に生かした建築と食へのこだわりが、四半世紀に渡って県内・県外から人を惹きつけます。まさに、自然と人の共存を感じられる場所。皆さんも「浜辺の茶屋・山の茶屋 楽水」で新たな発見をしてみてはいかがでしょうか。
店舗情報
※ 記事の内容は、公開時点の情報です。記事公開後、メニュー内容や価格、店舗情報に変更がある場合があります。来店の際は、事前に店舗にご確認いただくようお願いします。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ