ライター : 4575

子育てフードライター

小学生の子どもを持つママ、4575です。家事や仕事に忙しくてもおいしいごはんを作りたい!とレシピを日々研究中。作り置きや時短料理など、毎日のお料理を楽しく作るレシピをたくさん紹…もっとみる

おしゃれで使いやすいミキサーがほしい!

ジュースやスムージー作りに大活躍のミキサー。「出し入れが面倒だから、キッチンに出しっぱなしにしておきたい」という方は多いのではないでしょうか?デザイン性にこだわったおしゃれなミキサーなら、生活感を出しすぎることなく、インテリア感覚で並べておけますよ。

使いやすいミキサーの選び方

おしゃれさはもちろん、調理器具としての使いやすさにもこだわりたいですよね。ミキサーはシンプルなモデルから、多機能なものまでさまざまなタイプがあるので、どれにしようか迷いがち。以下のポイントを参考に、使いやすいミキサーを選びましょう。

「ジャーの素材」で選ぶ

食材や水などを入れるジャー(容器)は、大きく分けてプラスチック製とガラス製の2種類。プラスチック製は軽いのが特徴で、ボトルとしてスムージーやジュースを持ち運びするのに便利です。

ガラス製は、においうつりしにくく丈夫なのが特徴。重さがあるので、事前に重量を確認しておくと良いですね。

「容量」で選ぶ

容量は、作りたい量によって選びましょう。たとえばコップ1杯分は200mlなので、ひとり分のジュースやスムージーを作りたい方は、200~300mlのものを選ぶと便利ですね。料理の下ごしらえに使いたいときは、500~1,000mlの大容量タイプがおすすめです。

「ワット数」で選ぶ

ワット数は、ミキサーのパワーを示します。ワット数が高いミキサーほど、氷や硬い食材をなめらかに砕くことができます。食感を残したり粗めに撹拌したい場合はワット数が低いものを選びましょう。ミキサーのワット数は、100~500Wが主流なので目安にしてくださいね。

「機能」で選ぶ

小さなお子さんがいるご家庭は、誤作動を防いだりロックがかかったりする安全機能がついているものを選ぶと安心です。また、音が気になる方は静音機能がついたミキサーがおすすめ。

ほかにも、刃の回転速度を調整する機能や、コーヒー豆や茶葉を挽くミル機能がついているものがあるので、使いたい機能が備わったミキサーを選んでくださいね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS