【話題のお菓子】北海道のおすすめお土産ベスト3

【3位】希少品種のポテトスナック「⻩⾦ポテト インカのめざめ」

Photo by 高井なお

8袋入り 1,080円(税込)
製造元は、帯広市に本社をおく、1980年創業の「カルビーポテト」。ポテトチップスをはじめとするスナック菓子製造で有名な「カルビー」の原料部門が分離独立してできたグループ会社です。品種改良や栽培から商品の開発にいたるまで、じゃがいもに関するすべてのことに取り組むプロフェッショナル。

オリジナル商品のなかでも特にシンプルな原材料でつくられた、素材を味わうお菓子が評判です。

Photo by 高井なお

「インカのめざめ」は、北海道で大半が栽培されているじゃがいもの品種名。生育が早く貯蔵管理がむずかしいため、生産量が限られた希少な品種なんです。一般的なじゃがいもよりも小ぶりで甘く、栗を思わせるような濃い黄色の肉色が最大の特徴。

独自の製法で揚げられた「⻩⾦ポテト インカのめざめ」は、噛むほどに広がる甘味の強さが唯一無二。カリっと心地よい食感です♪ 個包装になっているため気軽に配ることができますよ。

賞味期限

製造日から90日

購入できる場所

カルビープラス 新千歳空港店、北海道どさんこプラザ 札幌店、きたキッチン オーロラタウン店、きたキッチン 新さっぽろ店 ほかで購入できます。

【2位】まったく新しい食感「クリスピーバウムクーヘン」

Photo by 高井なお

2,160円(税込)
北海道の富良野市に本店をおく「Haus Von Frau Kurosawa(ハウス フォン フラウ クロサワ)」。ふらの牛乳や北海道よつ葉バターなど、厳選した素材でつくられるバウムクーヘンの専門店です。

富良野市内のみに店舗をかまえていた「ハウス フォン フラウ クロサワ」ですが、2020年9月、JR札幌駅から徒歩圏内のサッポロファクトリー内に3店舗目を出店。富良野まで行かずとも、バウムクーヘンが気軽に購入できるようなりました。

Photo by 高井なお

「CRISPY BAUMKUCHEN(クリスピーバウムクーヘン)」は今までにない独特な食感が新しい、クロサワ発祥のオリジナル商品。2017年から2020年まで4年連続でモンドセレクション金賞を受賞している、味・品質ともにすぐれたひと品です。

トースターで温めると、外側はカリッとクリスピーで内側はもっちり。このバウムクーヘンの概念をくつがえす斬新な食感は、オリジナルの製法で生み出しているといいます。乳製品のおいしさと新食感が同時に味わえる逸品です♪

賞味期限

約60日間

購入できる場所

サッポロファクトリー店、富良野本店 ほかで購入できます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS