一味唐辛子と七味唐辛子は何が違うの?

Photo by なにさ

一味唐辛子とは

一味唐辛子とは、乾燥させた唐辛子を細かい粉末状にした調味料のこと。材料は唐辛子だけなので、食べたときにぴりっとした辛さがダイレクトに伝わるのが特徴です。一味唐辛子にはさまざまな種類の唐辛子が使われています。鷹の爪や赤唐辛子、ハバネロ、ハラペーニョなど、唐辛子の種類によって辛さが変わります。

七味唐辛子とは

七味唐辛子とは、唐辛子と香辛料・薬味を混ぜた粉末状の調味料のこと。豊かな香りと風味が特徴的な日本生まれの調味料です。「七味唐辛子」という名前はあくまでブレンドスパイスの総称なので、ブレンドされている香辛料・薬味は必ずしも7種類とは限りません。5種類でも9種類でも「七味」と呼ばれます。

七味唐辛子に使われるいろいろな薬味

七味唐辛子には唐辛子以外の香辛料・薬味が調合されています。生産者によって異なりますが、よく使われているのは山椒、麻の実、ケシの実、白ごま、黒ごま、陳皮(乾燥させたみかんの皮)、紫蘇、青のりなど。それぞれが風味・香りを持っており、ブレンドすると調和の取れた香りを楽しむことができます。

一味唐辛子と七味唐辛子は辛さが違う?

Photo by なにさ

一般に七味唐辛子より、一味唐辛子のほうが辛いといわれています。一味には唐辛子だけが使われているので、辛さがダイレクトに伝わります。また、ほかのスパイスが混ざった七味唐辛子と比べて、唐辛子をより多く含む一味唐辛子が辛みが強調されるためです。

ただし「使われている唐辛子の種類」によって変わるので、ものによっては七味唐辛子のほうが辛いことも。

一味唐辛子と七味唐辛子の使い分け

Photo by なにさ

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ