ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

テレビやメディアで話題!各賞受賞のすごい餃子

Photo by akiharahetta

お取り寄せ餃子界で有名な「クロワッサン餃子」。2008年から毎年何回も新聞、雑誌、テレビで取り上げられていて、ネットでは複数の賞を受賞しているんですよ。

口コミでは「待った甲斐があった」「こんなにおいしい餃子は初めて」「何度もリピートしたくなる!」と称賛されていて、とにかくその数が多いんです。

この記事では、そんな人気餃子の実食レビューをお届け!

30分で4,000個が完売!「クロワッサン餃子」をお取り寄せ

Photo by akiharahetta

クロワッサン餃子 50個入り 2,650円(税込)
販売しているのは香川県のたれ屋、地元では有名な行列店です。

何といってもまず気になるのは名前ですよね。どうして「クロワッサン餃子」という名前なのか?それはお客さんの声から始まりました。「なんだかこの餃子クロワッサンみたいだね」おいしさに感激して思わずもらしたひと言から名づけられたそうです。

なるほど、クロワッサンのようにサクサク……この説明だけで食欲が湧いてきます!

おいしさを守るため賞味期限は3日間

Photo by akiharahetta

商品は、50個入りで2,650円(税込)。冷蔵品で届き、賞味期限は3日間です。

発送して翌日に届くので、到着日とその翌日までには食べきる必要があります。とはいえ、みなさん到着後はすぐに食べてしまうらしく「食べきれない〜」という口コミは見あたりませんでした。

リピート率90%!14年かけて完成した味

Photo by akiharahetta

ポイントは皮の食感だけではありません。レシピ開発に10年、食材の持つ旨味を活かしたやみつきになる味を求め、さらに丸4年をかけて完成させたそう。とくに豚肉はおいしさを極めるため、日本中から選りすぐっているのだとか。

通常の餃子づくりの4倍もの手間をかけており、その結果リピート率は驚異の90%。全国から注文が殺到しているそうですよ。

失敗しない。「クロワッサン餃子」のおいしい焼き方

「クロワッサン餃子」をおいしく食べるための上手な焼き方を伝授しますほかの餃子を焼くときと大きく違うところは、焼く向き。間違えやすいので気を付けてくださいね。

1. フライパンを温める

Photo by akiharahetta

まずはフライパンを温めます。おいしく焼くための大切なポイントは中火最初から最後までずっと中火です。フライパンが温まったらサラダ油をひきましょう。
Photos:14枚
円形に焼いたクロワッサン餃子
クロワッサン餃子のパッケージとしおり
クロワッサン餃子のパッケージと中身
薄いグレーの丸皿に盛った焼き餃子
鉄のフライパンに油を注いでいるところ
フライパンに餃子を並べている様子
餃子に水を注いで焼いているところ
8分にセットした青いキッチンタイマー
羽根つき餃子が焼きあがった様子
IH加熱器具で餃子を焼いているところ
羽根つき餃子が焼きあがった様子
クロワッサン餃子を箸で持ったところ
クロワッサン餃子を半分に切って中身が見えている様子
チルド餃子がケースに並んでいる様子
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS