2. 餃子を並べる

Photo by akiharahetta

ここがポイント!餃子のおなか(内側)を下にして並べます。つまり羽根が横向きになるんです。筆者は一度間違えてしまったので、注意してくださいね。

3. 水を注ぐ

Photo by akiharahetta

水またはお湯を注ぎます。水量は、26cmフライパンで160ml、28cmで170mlです。このとき、粉を落とす要領で水が餃子に被るように注いでください。

4. フタをして8~9分

Photo by akiharahetta

水を注いだらすぐにフタをします。そのまま中火で水分がほとんどなくなるまで焼いてください。時間にして8~9分ほどです。火はあくまで中火ですよ。

5. きつね色に焼けたら完成

Photo by akiharahetta

フタを取り最後の水分を飛ばします。落とした粉が羽根になり、きつね色になったらできあがりです。裏返して両面を焼いたりしないようにしましょう。

IHで焼く場合の注意点

フライパンのサイズにご注意を

Photo by akiharahetta

IHで焼く場合は、テフロン製のフライパンを使います。IHの直径より大きいフライパンだと焼けないため、必ず小さいフライパンにしてください。焼き物モードまたは170℃に設定しましょう。

餃子の並べ方に注目

Photo by akiharahetta

フライパンが温まったら、円を描くように餃子を並べます。フライパンの外周は熱が弱いため、ひとまわり内側に並べてください。また、中央部分は高熱になるため、中心には餃子を置かないようにしましょう。
Photos:14枚
円形に焼いたクロワッサン餃子
クロワッサン餃子のパッケージとしおり
クロワッサン餃子のパッケージと中身
薄いグレーの丸皿に盛った焼き餃子
鉄のフライパンに油を注いでいるところ
フライパンに餃子を並べている様子
餃子に水を注いで焼いているところ
8分にセットした青いキッチンタイマー
羽根つき餃子が焼きあがった様子
IH加熱器具で餃子を焼いているところ
羽根つき餃子が焼きあがった様子
クロワッサン餃子を箸で持ったところ
クロワッサン餃子を半分に切って中身が見えている様子
チルド餃子がケースに並んでいる様子
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ