7.ブティック・トロワグロ『モンブラン』

フランスのなかでも美食とされている町・ロアンヌにあるレストラン「BOUTIQUE TROISGROS(ブティック・トロワグロ)」。東京では、新宿にある小田急百貨店の地下2階に店舗があります。
価格:550円
こちらのお店の名物ケーキは、『モンブラン』。“モンブラン”といえば細長く絞られたマロンクリームが渦を巻いている姿を想像しますが、そのビジュアルはわたしたちが知っている“モンブラン”とはかけ離れています!
モンブランとは思えないような、真っ白なドーム型のケーキ。中には、フランボワーズソースとマロンペーストが入っています。甘さ控えめのマロンと、甘酸っぱいフランボワーズ、バニラムースが絶妙なハーモニー!
見てビックリ、食べておいしい、そんなサプライズ満載のケーキをちょっとした手土産にいかがですか?

8.グラマシーニューヨーク『ニューヨークチーズケーキ』

ホールタイプ  価格:1,500円

愛知県に本社がある「プレジィール」という会社の、スイーツブランド「GRAMERCY NEWYORK(グラマシーニューヨーク)」。人気な商品を、新宿高島屋で購入することができます。 芳醇な香りが特徴の『ニューヨークチーズケーキ』が看板商品です。クリームチーズやマスカルポーネチーズをはじめとした数種類のチーズをオリジナルのレシピでブレンドし、濃厚な味わいを作り出しています!

ホールタイプも!

長方形にカットされたタイプも人気ですが、贅沢に味わいたい方はホールタイプがおすすめ!ボリュームたっぷりなのにリーズナブルで、ちょっとしたお土産にピッタリですね。こんなにシンプルでセンス抜群なケーキをもらったら、誰でもうれしいはず♩
チーズケーキはもちろん、フルーツタルト、ニューヨークブラウニー・サマークランチの4種類が楽しめちゃう人気の詰合せもおすすめです!お店に足を運ばなくても、お取り寄せすることもできるので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね。

ITEM

グラマシーニューヨーク ハイラインパーク

¥4,860〜

内容量:ニューヨークチーズケーキ・シチリア各5個、ウォールナッツファンキー・ワンバイトチーズケーキ各15個

※2020年11月6日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

9.井の頭煎餅東急吉祥寺店『井の頭煎餅』

井の頭煎餅 価格:1枚 121円(税込)
井の頭公園土産として、昭和初期から中頃まで親しまれてきた『井の頭煎餅』というお菓子を知っていますか?そんな『井の頭煎餅』が、2004年から東急吉祥寺店にて販売されているのです! 当初は限定発売だったのですが、その人気ぶりから定番品として並ぶように。昔懐かしいおせんべいは、いつの時代でも親しまれるんですね。
『井の頭煎餅』は1枚ずつ丁寧に手焼きされたおせんべいで、“井”の形がとっても印象的。しょうゆの風味と深い味わいは、何度でも食べたくなるほどです。これはレア感もあって、もらったら嬉しい逸品ですね。 東急吉祥寺店のB1階にある「諸国銘菓・武蔵野銘菓売場」で販売されているので、ぜひ手にとってみてください!

10.岡埜榮泉総本家『豆大福』

豆大福 1個 240円(税込)
大正元年創業の老舗和菓子店「岡埜栄泉(おかのえいせん)総本家」の代名詞ともいえる和菓子『豆大福』。中に入っている口当たりなめらかなつぶし餡は、北海道産大豆を使っています。 繊細で上品な味わいが、創業以来多くの方たちを虜にしてきました!
お餅の中には餡がびっしりと詰まっており、ずっしりとした重量感と同時に満足感も得られます。ほんのりと塩味の効いた餅生地が、餡とあわさって絶妙なバランスに。和菓子好きの方にはたまらない逸品です!甘さ控えめなので、甘いものが少し苦手な方にもおすすめ。

12.クリスピー・クリーム・ドーナツ『オリジナル・グレーズド 』

1個 160円

アメリカ生まれのドーナツのお店「クリスピー・クリーム・ドーナツ」。世界中に、直営店やフランチャイズ店があります。名前を聞いたことのある方が多いかもしれませんね。 サクサクふんわりとした食感が特徴の、シュガーコーティングされた「オリジナル・グレーズド」はお店の看板商品!
たくさん入ったパックや、いろいろなドーナツの入った季節限定のバラエティーパックなどもあるので、お土産の際にはぜひそちらをご利用ください。 素朴でどこか懐かしい味わいの『グレーズ・ドーナツ』は、お子さまからおじいちゃんおばあちゃんまで家族みんなで楽しめますよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS