ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

macaroniと築地市場のコラボプロジェクトが始動!

Photo by Kaori Saneshige

東京の台所として長い歴史を誇る、食の街「築地」。その築地市場とmacaroniのコラボ企画がスタート!拠点となるのは、老舗精肉店「近江屋牛肉店」が、9月1日よりオープンする店舗「ロースト肉工房」。

築地の新鮮な食材を使った料理のライブ配信や、プロ目線で考えた、暮らしに役立つレシピ・アイデアなど、さまざまな情報を発信していきます。観光やお出かけがなかなかしにくい現在ですが、日常の彩りになるような企画に、ご期待ください!

築地で愛される、老舗精肉店「近江屋牛肉店」

Photo by Kaori Saneshige

「近江屋(おうみや)牛肉店」は、築地で1929年の創業以来愛されてきた老舗精肉店。肉のプロが全国から厳選して仕入れた肉は、一流料亭でも使われる上質なものばかり。秘伝のタレを使った「やきぶた」をはじめとしたデリ商品も、多数のメディアで取り上げられています。

近江屋の社長・寺出 昌弘(てらで まさひろ)さんは、「近江屋牛肉店」の3代目。伝統を守りつつ、広い視野で新しいことにもチャレンジし続ける寺出さんに、「近江屋牛肉店」や築地のこれまでと今、そしてこれからについてお話いただきました。

築地を代表する老舗の3代目として

Photo by Kaori Saneshige

創業90年以上という「近江屋牛肉店」の成り立ちを教えてください。

寺出さん(以下、寺出):滋賀県出身、近江商人の流れをくむ初代が、荒川区小台銀座に店を構えたのが始まりです。その看板には、「お客様の"おいしかった"が私たちの元気の源です」と刻んであったそうですが、それは今に至るまで私たちのエネルギーの源ですね。

築地に店が移ったのは、私の父、2代目の頃です。一般のお客様向けから飲食店への業務用卸しへと展開し、店の規模も広がりました。

Photo by Kaori Saneshige

寺出さんは3代目になるわけですが、最初から店を継ごうと考えていたのでしょうか?

寺出:子どもの頃、引っ込み思案な性格だったこともあり、店を継ごうとは考えていませんでした。それに、従業員に厳しく振る舞う姿を間近に見て、父に怖いイメージを抱いていましたね。

ですが、自然と大学卒業後の進路にはスーパーマーケットを選んでいました。そこで6年、流通の基礎を学んでいたのですが、父の具合が悪くなったこともあり、「近江屋」に入りました。

当初は築地独特の商売がなかなか理解できず苦労しましたが、父にその王道を叩き込んでもらいましたね。

Photo by Kaori Saneshige

お店のルーツと向き合って出逢った「近江牛」

Photo by Kaori Saneshige

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS