ライター : hugmug

ママと子どものファッション・ライフスタイルメディア

「HugMug(ハグマグ)」はママと子どものファッション・ライフスタイルを提案する雑誌&WEBメディアです。子どもと過ごすなにげない日常が、もっとハッピーになるアイディアやヒント、…もっとみる

この記事は、ママと子どものファッション・ライフスタイルメディア「hugmug」の提供でお送りします。
7月からレジ袋が有料化されたことを機に、これからエコバッグを購入する人や、エコバッグの買い足しをしようか迷っている人も多いはず。そこで、コンパクトで丈夫、大容量など機能性重視の使いやすいものから、おしゃれで可愛い人気ブランドのものまでご紹介! お気に入りのエコバッグを見つけてノーレジ袋ライフを!

いま買うべき、エコバッグ コンパクト、丈夫、2WAYなど機能面も充実! 実用的で使いやすいエコバッグ

実用的なエコバッグ#01 『ブンザブロウ』の絞りバッグ

大正時代から続く京都の絞り染め専門店『片山文三郎商店』の絞りバッグは、コーデのアクセントになるポリエステルサテンを使用し、円形に仕立てたもの。伸縮性があり、物を入れないときは手のひらサイズになるので、エコバッグとしてはもちろん、バッグインバッグとして使っても◎。ポリエステル素材なので水洗いができるのも嬉しいポイント。
サイズ:直径約13cm ※縮んだ状態 耐荷重:10kg前後
(問)片山文三郎商店 京都本店 075-221-2666

実用的なエコバッグ#02『グラナイトギア』のグロッサリーバッグ

アメリカのアウトドアブランド『グラナイトギア』から登場した、手のひらサイズに収納できるエアグロッサリーバッグ。丈夫なナイロン素材を使用し、わずか40gと軽量ながら、約15kgまでの荷重に耐えられる。使うときも取り出しやすく、使い終わったら裏返して内側に縫いつけられたポケットにさっと収納。便利なキーループ付き。
サイズ:W45×H33×D15cm 容量:30L 耐荷重:約15kg
エアグロッサリーバッグ各¥3,500/グラナイトギア
(問)ヴァーテックス 046-205-7391

実用的なエコバッグ#03『中川政七商店』のエコバッグ

『中川政七商店』の富士山エコバッグと撥水麻トート。雪化粧をした富士山をモチーフにしたエコバッグは、A4サイズがすっぽり入る大きさで、折りたたんで内ポケットに収納可能。傘屋とつくった麻トートは、生地の表面は撥水、裏面は耐水の加工が施されているので雨の日でも安心。大きく開くのに閉じるとフラットな形になるポケットがポイント。
サイズ:(右)W45×H31×D13cm、(左)W32.5×H36cm

実用的なエコバッグ#04『BAGGU(バグゥ)』のエコバッグ

無地から柄ものまで豊富なデザインが人気の『BAGGU』のエコバッグ。手に持っても肩にかけても使いやすく、スタンダードサイズはスーパー用、ベビーサイズはコンビニ用と2サイズ揃えるのもおすすめ。付属のポーチに収納するとコンパクトに持ち歩けるので、バッグに忍ばせておいて。
サイズ:(右)W26×H47×D11.5cm、(左)W39×H64×D15cm 耐荷重:ともに15kg
(右)BABY BAGGU¥1,500、(左)STANDARD BAGGU¥1,800/ともにBAGGU ※ともに8月下旬~末に発売予定

実用的なエコバッグ#05『プリスティン』のオーガニックコットンのエコバッグ

循環型社会を目指す『プリスティン』の想いが詰まった、オーガニックコットン100% のエコバッグは、2030年をゴールに定めた「SDGs(持続可能な開発目標)」をデザインのモチーフに。シミや汚れがついたときは、染め直しサービスでお好みの色に染め替えることもできるので、長く愛用できそう。小さくたたんでまとめられるリボン付き。
サイズ:W33×H40×D8.5cm 容量:約11L
SDGSエコバッグ¥2,800/プリスティン
(問)プリスティン本店 03-3226-7110

実用的なエコバッグ#06『ルートート』の鉄道柄エコバッグJR東日本商品化許諾済

運行当時のチケット型ケースに入れて携帯できる『ルートート』のエコバッグ。薄くて軽い、さらに丈夫な素材を使用したエコバッグに、北の大地を目指して走るJR東日本の代表的な列車、新幹線「E5」系、寝台特急「北斗星」をプリント。たっぷり容量で毎日のお買い物に便利。サイドにポケットがあり、財布や鍵などの小物も収納できる。
サイズ:W28×H60×D14cm
CJ.ルーショッパー.ポケット.JR.east-A各¥2,800/ルートート
(問)ルートート ギャラリー キラリナ京王吉祥寺店 0422-24-6624
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS