ライター : はるひ

食&雑貨マニア

子育ての息抜きは雑貨屋めぐりと料理。キッチングッズやアイデア収納の本を読むのも好きです。毎日がちょっとたのしく便利になる、気分を上げてくれる、そんな生活のヒントになるような…もっとみる

きのこってどんな食材?何種類あるの?

世界中で親しまれている食材、きのこ。低カロリー食として認知されているほか、タンパク質やビタミンも含まれています。日本での歴史は古く、縄文時代から食べられていたようですよ。

国内には4,000〜5,000種類のきのこが存在すると言われていて、食用はそのうちたったの約100種類。人工栽培されて売り場に出回っているのは、20種類程度なんだそうです。(※1)

全部知ってる?メジャーなきのこ

本シメジ

・主な生産地:三重県
・旬の時期:9~11月
・代表ブランド:大黒本シメジ

本シメジの特徴

「香り松茸、味シメジ」と言われるように、たっぷりの旨味が魅力です。天然物は希少で高価。安定してお店に並ぶようになったのはここ数年のことです。

苦味やクセがなく、香りもよいため、万人受けする人気者!肉厚で歯応えが楽しめ、加熱しても食感や旨味が損なわれません。このため煮物やソテーなど幅広い料理で活躍するんですよ。

ブナシメジ

主な生産地:長野県
・旬の時期:9~11月
・代表ブランド:ブナピー

ブナシメジの特徴

実はかつて、「本シメジ」として販売されていたこともあるブナシメジ。本来の本シメジと区別するため、「ブナシメジ」として売られるようになったそうです。

昔は苦味がやや強かったようですが、今は品種改良で抑えられています。特に真っ白のブランド品種「ブナピー」は、クセがなく食べやすいですよ。

エノキダケ

・主な生産地:長野県 / 新潟県
・旬の時期:12~1月
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS