ピスタチオの栄養素はダイエットに役立つ?

ピスタチオは、ダイエット中の方におすすめです。食物繊維を豊富に含む食品なので、便秘対策になります。

また、1粒あたりのカロリーは低く、甘いお菓子を食べるよりも摂取カロリーをおさえることができますよ。ただし、味付きのものは塩分のとりすぎになる場合があります。食塩無添加のものを選んでみてください。(※1,7)

ピスタチオの栄養を効率的にとりいれるためには?

ピスタチオに含まれているβ-カロテンとビタミンEは脂溶性のため、調理する際は油を使い炒めたり揚げたりすることで吸収率がアップします。

また、鉄分は肉や魚などの動物性たんぱく質やビタミンCと一緒にとることで、吸収率が高まりますよ。ほかの食材と組み合わせると、栄養の吸収率もおいしさもランクアップしますね。(※2,5,12)

ピスタチオの栄養を効率よくとりいれるレシピ5選

1. 餃子の皮でお手軽に。塩トマトのドルチェピザ

餃子の皮で、手軽にピザが楽しめます。ピスタチオの鉄分は、トマトのビタミンCといっしょにとることで吸収率が上がりますよ。ピスタチオの量をお好みで増やし、食感を楽しんでみてはいかがでしょうか。(※5)

2. おしゃれなおつまみに変身!黒豆ピンチョスのナッツかけ

黒豆にピスタチオをちらすだけの、簡単おしゃれなレシピ。ピスタチオのカリウムは水に溶けやすい性質がありますが、生のまま食べるので栄養を損なわずに摂取できます。おつまみでむくみ対策ができる一石二鳥のひと品です。(※4)

3. ピスタチオがアクセント。スモークサーモンのカルパッチョ

色鮮やかな食材を使用するひと皿。手軽に作れるので前菜におすすめです。スモークサーモンに含まれるビタミンDは、ピスタチオのカルシウム吸収をサポートしてくれますよ。おいしいだけじゃない、栄養面にも良いレシピです。(※13)

4. ピスタチオが衣に変身!? サクサクひとくちカツ

衣にピスタチオ、柿の種、ピーナッツを使用することで、ザクザク食感が楽しめるカツです。ひと口サイズなので、お弁当のおかずにぴったり。ピスタチオのβ-カロテン、ビタミンEは油と一緒に調理することで吸収率がアップします。少なめの油で揚げ焼きにするのがおすすめ。(※2,12)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS