ライター : maimunah

フリーライター

和歌山市出身のフリーライター。オシャレなカフェにいくことが大好き!地元のお店や関西のカフェ情報をお届けします。

和歌山駅で買える人気お土産!

Photo by maimunah

和歌山といえば、梅干しやみかんをイメージする方が多いのではないでしょうか?しかしそれ以外にも、古くから地元民にも愛されているお土産がたくさんあります。和歌山出身在住の筆者も、小さい頃から大好きなものばかり!そこでこの記事では、厳選したお土産8選をご紹介します。

1. まるで宝石のよう「プレミアムダイヤモンド梅」

Photo by maimunah

6個入り 2,160円(税込)
和歌山が誇る南高梅は、色合いも味もバツグンにおいしいと評判です。最高級のひと粒を贅沢に味わえる「プレミアムダイヤモンド梅」を世に送り出した「ぷらむ工房」は、自社農園で丁寧に南高梅を育てています。

梅干しが入っているとは思えないほどオシャレなパッケージも、お店こだわりのひとつ。

Photo by maimunah

ひと粒の梅干しに金粉が贅沢にあしらわれている「プレミアムダイヤモンド梅」は、まさに輝く宝石のよう。箱を開けたときにキレイな梅干しが入っていれば、ビックリしますよね。お土産にもピッタリです♪

ほどよい甘さでちょっぴり贅沢気分を味わえる、おすすめの梅干しです。

賞味期限

製造から6ヶ月

購入できる場所

JR和歌山駅(黒潮市場)、ホテルシーモア(kukulu shop)で購入できます。

2. 白飯とよく合う「金山寺みそ」

Photo by maimunah

280g 756円(税込)
日本の醤油発祥の地として有名な湯浅町ですが、実は金山寺みそ作りの長い歴史があるんです。

1950年創業の「垣内みそ店」では、伝統の味を長年受け継ぎながら、金山寺みそ作りをおこなっています。在住者にもファンが多いんですよ。

Photo by maimunah

こだわり抜いたおみそ、大豆、麦、夏野菜を発酵させてできあがる金山寺みそは、日本の食卓に似合うご飯のよいお供。

白ご飯にかけてお茶漬けにするのもおいしいですし、お魚を細かく刻んでだし汁と金山寺みそを混ぜ、海鮮茶漬けにするのもおすすめです♪

賞味期限

100日間
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS