ライター : maimunah

フリーライター

和歌山市出身のフリーライター。オシャレなカフェにいくことが大好き!地元のお店や関西のカフェ情報をお届けします。

1. プレミア和歌山に認定「紀州五代梅」

350g 2,160円(税込)
濃厚で味わい深い梅干しが好きな方におすすめなのが「五代庵(ごだいあん)」。プレミア和歌山(和歌山県優良県産品推奨制度)に認定されており、和歌山を代表する県産品として、たくさんの方に親しまれているブランドです。

なかでも、五代庵を代表する梅干し「紀州五代庵」は、約40日間で3回に分けてしっかりと味を漬けこんでおり、しっかりとした味わいが特徴的。パッケージも上品で、手土産にぴったりです。
はちみつ漬けされた「紀州五代梅」は、食べ切りに嬉しい中粒サイズ。皮がやわらかく食べやすいですし、ひと口入れると甘味がふわっと広がり、思わず笑顔になってしまうほどです。

甘味が強いので、お子さまでも食べられると老若男女に人気。ごはんやカレーなどさまざまなものに合わせられるので、ぜひいろいろと試してみてください。

賞味期限

製造日より8ヶ月

購入できる場所

五代庵本店、直営店、公式オンラインショップで購入できます。

2. りんご酢でさっぱり「めおと梅」

2個入り 650円(税込)
1941年創業の老舗「熊平(くまへい)の梅」。A級に選ばれた、味も形も最高級の紀州南高梅を使用しています。和歌山を代表する梅干しとして、創業当時から年代広く親しまれているブランドです。

「熊平の梅」が提供している梅干しは多くありますが、なかでもりんご酢で漬け込んだ「めおと梅」は、お土産にぴったり。高級感ある和紙で個包装されており、配りやすいのも嬉しいですよ。
「めおと梅」は夫婦が寄り添うかのように2個セットになっています。梅干しの甘酸っぱい味付けとほんのり香るりんご酢との相性がバツグン!

甘味が強く、一度食べると止まらないほどのおいしさです。食事だけでなく、ちょっとしたデザートとしてもおすすめな梅干しです。

賞味期限

製造日より6ヶ月

購入できる場所

みなべ店、高野山店、東京銀座店、公式オンラインショップで購入できます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS