ライター : ちゅん

愛知県在住のイラストレーター。1児の母でもあります。悪阻でごはんが食べられなかった経験から食への興味が爆上がりし、食べ歩きが趣味に。家族3人で美味しいものやカフェを目当てに…もっとみる

名古屋の観光名所・大須で食べ歩き!

Photo by ちゅん

名古屋の中心、栄から南の方へ歩くことおよそ15分。地下鉄ならふた駅分のところにあるのが「大須商店街」です。

大須観音と万松寺をつなぐように広がる町並みは、食べ歩きをメインとした飲食店に、電気店やサブカルチャーの店、そして昔ながらの下町商店街が混在。名古屋でも抜群の知名度と存在感をほこるエリアです。

1. 一匹ずつ丁寧に焼くたい焼き「鯛福茶庵」

Photo by ちゅん

たい焼きを一匹ずつ丁寧に焼く“一丁焼き”という製法を「天然」、大きな鉄板で数匹いっきに焼く製法を「養殖」と呼びます。「鯛福茶庵(たいふくさあん)」は、たい焼き屋さんのなかでも珍しい「天然」を食べられるお店。

目の前でくるくると金型を回しながら焼いている様子は、一見の価値ありです。店舗にはイートインスペースも設けられており、ひと休みしながら食べることも可能。場所は「大須観音」のすぐ横にあるので、あわせて訪れてはいかがでしょうか。

天然鯛焼き

Photo by ちゅん

170円(税抜)
天然ならではの皮の薄さと、ふっくらとした小豆が見事にマッチ。皮はパリパリとしていながらモチモチしています。手のひらほどの大きさで、食べ応えも抜群。そしてなんと言っても、焼きたてホカホカ状態で食べられるのは、食べ歩きの醍醐味ですね。

たい焼きの中身は、カスタードクリームや、季節ものも。ほかに、団子やクレミアソフトクリームなどのメニューもありますよ。
店舗情報

2. 絶品ふわトロのたこ焼き「たこ咲」

Photo by ちゅん

メディアに取り上げられることの多いたこ焼き屋さん。開店は12時30分からと少し遅めですが、週末の開店1時間前には行列が伸びるほどの人気ぶりです。お祭りの屋台より小さい店舗を、店主夫婦2人で切り盛りされています。

丸い小窓から、焼いている様子が少し伺えるところがおもしろいですよ。店舗前にベンチが数席設けてあり、そこで食べる方も多いです。

元祖醤油

Photo by ちゅん

600円(税込)
たこ焼きは、表面も中身もやわらかいふわトロタイプ。ひとつひとつが大きく、中にも存在感のあるタコが入っています。おすすめは、シンプルな「元祖醤油」。生地自体にしっかりと味が付いており、さっぱりと食べることができます。

ほかに、ソース味やマヨネーズ、ネギなどのトッピングによるメニューが6種類。ソース味は甘めのソースがたっぷりかかっており、食べ応えも抜群です。無料でかけられる天かすが食感にアクセントを加えてくれます。
店舗情報

3. 異国感満載の揚げ餃子「オッソブラジル」

Photo by ちゅん

多国籍の文化が入り混じり、いろんな国の料理が手軽に楽しめるのも大須の魅力。「OSSO BRASIL(オッソブラジル)」もそのひとつで、日本では珍しい本格的なブラジル料理を楽しめます。店舗外から見える「鶏の丸焼き」が目をひき、香ばしい匂いのただよう人気店です。

サンドイッチやハンバーガーなどメニューは豊富で、イートインスペースもあります。大須商店街では珍しい券売機による注文が可能ですよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS