老舗から話題店まで!有楽町のおすすめカフェ6選

この記事では、有楽町でランチやお茶をする際におすすめのおしゃれカフェを紹介しています。カフェ巡りが趣味の現役バリスタが、本当におすすめしたいカフェをメニューとともにセレクト。気になるお店があれば、ぜひ訪れてみてください!

2020年7月28日 更新

ライター : 今野 直倫

JSFCAコーヒーソムリエ / バリスタ

食品衛生責任者・飲食店営業許可取得。全国各地を飛び回り1日カフェを開催。自家焙煎のコーヒーを焼きたて、挽きたて、淹れたてにこだわって、お客さん一人一人に向き合ってコーヒーを…もっとみる

1. 本格コーヒーショップ「日比谷焙煎珈琲」

東京ミッドタウン日比谷の地下にある本格コーヒースタンド「日比谷焙煎珈琲(ヒビヤバイセンコーヒー)」。

テイクアウト専門店ではありますが、同階フロアの広々としたイートインスペースで飲食をすることができます。大きな焙煎機がガラス越しに見え、舌だけでなく、目で耳で鼻で味わえるコーヒースタンドです。

日比谷焙煎珈琲

Small 300円、Regular 350円(いずれも税別)
おすすめのドリンクは、深煎りと浅煎りから選ぶことのできる「日比谷焙煎珈琲」。

季節ごとに旬のコーヒー豆が3種類用意されていて、それぞれの個性を味わえます。店員さんに自分の好みを伝えて、焙煎度合いとコーヒーの種類を選んでもらうと良いのではないでしょうか。
店舗情報

2. 和モダンなスタンド「ボンゲンコーヒー」

洗練された和の空間でコーヒーを楽しめるのが、「BONGEN COFFEE(ボンゲンコーヒー)」です。

ボンゲンの「ボン」は、盆栽の「盆」を表しています。その名のとおり、盆栽を中心にした空間づくりが光りますよ。無駄を徹底的に排除した店内では、心が澄み渡る感覚が味わえるでしょう。

おむすび

200円(税込)
「ボンゲンコーヒー」でコーヒーとともに食べておきたいメニューは、何といっても「おむすび」。

具材の入っていないシンプルな塩おむすびですが、これがまたコーヒーに合うんです。クセのないあっさりしたコーヒーはまるでお茶のようで、おむすびと合わせてもまったく違和感を感じません。
店舗情報

3. 昔ながらの老舗喫茶店「阿蘇」

東京交通会館の地下1階に入っている昔ながらの喫茶店が、「ASO(阿蘇)」です。

人当たりの良いお母さんが切り盛りしており、まるで誰かの家に遊びに来たようなアットホーム感があります。レトロな雰囲気漂うカウンターに腰かけて、昭和歌謡曲をBGMにコーヒーを飲むのも良いですね。

モーニングセット

500円(税込)
阿蘇のおすすめは、いわゆるスタンダードな昔ながらの「モーニングセット」。

コーヒーにトーストとサラダ、ゆで卵が付いてきます。これを目当てに訪れるサラリーマンも多いんだそう。朝早くから開いているので、出勤前に訪れてみてはいかがでしょうか。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS