胃に優しい飲み物4選。胃もたれの原因やおすすめレシピも必見!

「胃に優しい飲み物」と聞いて、何を思い浮かべますか?何気なく口にしている飲み物が、実は胃の調子がよくないときには負担をかけてしまうことも。この記事では、胃に優しいおすすめの飲み物やレシピ、胃もたれの原因などを詳しくご紹介します。避けたほうがよい飲み物や食べ物も要チェックです!

2020年4月28日 更新

ライター : BBC

ツイッターやインスタグラム、クックパッドやテレビなど、メディアで話題になっているトレンドグルメを主に紹介しています。好きなことは、ネットサーフィン、ビール、コンビニ巡り、時…もっとみる

なぜ「胃もたれ」が起こるの?

胃が重く感じたり、気持ち悪さを感じる「胃もたれ」。胃もたれは、食べすぎや飲みすぎ、加齢やストレスなど、胃の機能が低下することで起こります。ムカムカするような不快感を経験したことのある方も多いのではないでしょうか?

胃が弱っているときは、負担をかけないものを取り入れることが大切。胃にやさしい飲み物や食べ物で、胃腸の回復をサポートしましょう。(※1)

胃に優しい飲み物

水・白湯

胃の調子がよくないときは、刺激が少ない飲み物がおすすめ。熱すぎても冷たすぎても胃に刺激を与えてしまうので、常温のお水や白湯を飲みましょう。白湯は、沸騰させた湯を冷ましたもので、一度沸騰させているため不純物が減り、口当たりがやわらかく飲みやすいのが特徴です。

また、胃にとどまっている食べ物が排出されやすくなり、胃もたれの解消につながりますよ。(※2,3)

経口補水液・スポーツドリンク

胃もたれで食事の摂れない状態が続く場合は、経口補水液やスポーツドリンクがおすすめです。これらは、体に必要なナトリウムやカリウムなどの電解質と水分を、迅速に補給することを目的とした飲料。できれば常温のものを飲むと、胃にかかる負担を減らせます。

なお、スポーツドリンクによっては糖分が多く含まれているものがあります。糖分が多い飲み物は胃への負担が大きくなるので、まずは経口補水液で水分を摂取しましょう。(※4,5)

牛乳

胃もたれのなかには、胃酸の分泌が多くなり、胃の粘膜が荒れている場合があります。空腹時に胃が痛むときは、胃の内壁を保護する成分を含む、牛乳がおすすめ。また、牛乳は胃の中でヨーグルト状になり、分解されやすくなるため、消化・吸収の良い食品とされています。

ほかの飲み物と同じく、冷たいと胃に負担をかけてしまうので、50~60℃程度に温めたホットミルクをゆっくり飲みましょう。(※1,2,6,7)

ヨーグルト

牛乳と同じく、乳製品であるヨーグルトも、消化が良く、胃にやさしい食品のひとつです。ヨーグルトは、乳酸菌のはたらきにより、たんぱく質の一部がすでに分解されていて、消化・吸収されやすい形になっています。

また、胃酸に強く、胃の粘膜でとどまってはたらく乳酸菌が発見され、注目されていますよ。この「乳酸菌OLL2716株」を継続して摂取したところ、日常的な胃もたれや胃の不快感の症状が改善されたとの報告があります。(※8,9,10,11)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS