2. 南蛮漬け風!ヒイラギの三杯酢漬け

レシピのタイトルにギギとありますが、これは岡山県での呼び名。濃いめの塩水でぬめりを取った小さなヒイラギを、まるごと素焼きして三杯酢に浸け、冷蔵庫で半日寝かせることで、中骨まで食べられるようになります。素揚げして南蛮漬けにしてもいいですね。

3. うま味アップ!ヒイラギの干物焼き

こちらも自分で釣り上げたヒイラギを干物にしたレシピです。内臓とエラを取ってから流水で洗うだけで、あえてぬめりを残していることから、干物の表面にツヤがあるのが特徴。ガスの直火で網焼きなど、軽く炙るだけでおいしくいただけます。

嫌われ魚でもおいしさが人気のヒイラギ♪

毛嫌いされる大量の粘液も、地方によっては新鮮な証として、ぬめりを残したまま干物にしたり、とろみがついておいしいと、そのまま煮付けにするところもあります。

関東では店頭でヒイラギを見かけることはありませんが、干物にして販売している地域もありますので、見かけたらぜひ買い求めて、その味を確かめてみてください。
Photos:7枚
姿のままのヒイラギの塩焼き
頭と内臓を取り除いたヒイラギの煮付け
姿のままの小さなヒイラギの素揚げ
頭と内臓を取り除いた子持ちヒイラギの煮付け
内臓とエラを取り除いた頭付きヒイラギの煮付け
素焼きしたヒイラギの三杯酢漬け
内臓とエラを取り除いた頭付きヒイラギの干物を焼いたもの
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ