ライター : riku_mama

6歳のヤンチャな男子を子育て奮闘中のママです!食が細く、好き嫌いの多い息子のために日々おいしそうなレシピを模索しています。パンが大好きで、小さなパン屋の製造補助をしながらmac…もっとみる

「サッパ」ってどんな魚?

サッパは、ママカリという呼び名でも知られている、全長10~20cmほどの小ぶりの魚です。色は美しい銀白色で、背びれ部分は青緑。尾びれは山吹色をしています。 薄く平べったい形をしており、まっすぐな背中とまるいお腹、小さな口も特徴のひとつです。うろこは大きめで硬く、小骨も多め。味わいは淡白でさっぱりしています。

大切なのはここ!サッパの下処理方法

名前の由来

淡白でさっぱりした味だから「サッパ」。非常にわかりやすい和名がついたサッパですが、全国各地で異なる名前で呼ばれています。 瀬戸内海沿岸の「ママカリ」をはじめ、山口や広島では「ワチ」、九州では「ハダラ」、秋田では「ゲナミ」など、その呼び名は10個以上。姿形の特徴だけでなく、漁法が由来となっている名前も多くあります。

旬と産地

サッパは北海道以南の、淡水と海水が混ざる汽水域に生息しています。全国各地で口にすることができ、イワシのように通年おいしくいただけますが、旬は産卵期の4月~9月。産卵期は有明海域では5~6月、東京湾などでは6~7月となっています。

大切なのはここ!サッパの下処理方法

淡白でおいしいサッパですが、硬くて大きなうろこを持っており、小骨が多くにおいもあるため、下処理が重要なポイントになります。慣れれば手早くできるようになるので、面倒に思えてもしっかり下処理をしましょう。 まずはうろこをしっかり取ること!うろこははがれやすいので簡単にできますよ。うろこを取ってからにおい消しをして、小骨を取ります。

におい消しの方法

サッパのにおいは、塩をふるだけで簡単に取ることができます。うろこが取れたら三枚におろし、キッチンペーパーなどを敷いた皿に並べ、両面に塩をふりましょう。塩をふったらサッパの上にもペーパータオルをかけ、ラップをして冷蔵庫へ。30分ほどおくと、水分といっしょににおいもかなり抜けています。
Photos:7枚
半月型の皿に盛られたサッパ
茶色の半月型の皿に盛られたサッパ寿司
白い丸皿に盛られた、サッパ焼きの酢漬け
フチが薄茶の丸皿に盛られた、サッパの柚子酢漬け
タッパに入っている、サッパの南蛮漬け
黄土色の半月型和風皿に盛られた、ままかり寿司
白い皿に盛られた、サッパのフライとプチトマト、サラダ
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS