酢漬けが至高!「サッパ」の由来&おすすめレシピを一挙公開!

ままかりとも呼ばれる魚「サッパ」をご存知ですか?釣りをする人なら、一度は釣ったことがある人もいるのではないでしょうか。案外身近なサッパの知られざる由来や旬の時期、おすすめレシピをご紹介します。この記事をきっかけにぜひ一度食べてみてください!

ままかりとも呼ばれる魚「サッパ」

「サッパ」を食べたことはありますか?別名「ままかり」と呼ばれるこの魚は、「隣の家からごはんを借りてこないといけないほどおいしい」ということで知られています。

関東地方ではあまり食べられませんが、岡山県では庶民に愛されているサッパ。お祭りの日や家族のお祝い事ともなると、海でサッパを釣ってきて、サッパ寿司を作る風習もあります。

サッパって……いったいどんな魚?

「笹の葉のような魚」

サッパの体の全長は15~18cm程度で、細長く、背中よりもお腹が膨らみ、笹の葉のような形をしているが特徴です。体色は、背中が青緑色、腹や体側は銀白色をしています。淡白な味わいの魚なんですよ。

場所によって変わる名前

「サッパ」は主に関東で呼ばれる名前ですが、実は別名がいくつかあります。岡山県では「ままかり」、佐賀県では「ハダラ」、関西では「ハラカタ」とも呼ばれます。

由来は?

「サッパ」の由来は、諸説あるようです。まずは、コノシロに比べて味がさっぱりしているということが語源という説。サッパの体型から、小舟のことをサッパと呼ぶことに由来すると言われている説もありますよ。

サッパの旬は?

イワシのように年中獲れますが、サッパの旬の時期としては、5月から7月10月から12月とされています。初夏のサッパは皮や小骨がやわらかく、晩秋のサッパは脂がのっていておいしいですよ。

どこで獲れるの?

サッパは岡山県の名産として知られていますが、実際はどこで漁獲されているかご存知でしょうか。サッパは北海道から南に分布し、瀬戸内海や東京湾で多く見られます。内湾や河口付近の浅い砂利底で群れを作って生息しているようです。

大切なのは下処理!サッパのおいしい食べ方

サッパは砂利底で生息していることもあり、臭いがあまり良くありません。同時に小骨と鱗が多い小さめの魚ですので、さばくのは一苦労です。しかししっかり下処理をして、料理すれば最高の味が楽しめるはず!サッパは、イワシに近い香りですが、味は淡白。歯ごたえもあるので、酢漬けにしたり、お寿司のネタとして食べられています。

サッパの下処理の方法

サッパの臭い消し

三枚おろしにしたサッパをキッチンペーパーの上に並べたら、両面に軽く塩を振りましょう。こうすることで、余分な水分が抜けます。この水分の中にアクが含まれていますので、しっかりふき取ることが大切です。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

riku_mama

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう