濃厚新味

Photo by 吉田 鈴

希望小売価格:111円(税別)/内容量:84g
うまかっちゃんシリーズでも特に濃厚なとんこつスープです。麺は極細麺で、硬くゆでる「バリカタ」調理がおすすめ。スープも麺も、ほかのうまかっちゃんとはひと味違います。高菜や紅しょうがなど、パンチのあるトッピングが合いますよ。

うまかっちゃんの販売地域

うまかっちゃんは、スーパーなどの店頭販売は主に九州地方に限定されますが、それ以外の地域の人はネットで購入が可能です。ハウス食品公式HPの「ショップハウス」、楽天やAmazonでも販売されています。

うまかっちゃんが東京で購入できない理由

うまかっちゃん開発担当者、ハウス食品(株)食品事業二部 桑原陽介さんに伺いました。

「うまかっちゃん自体、1979年オール九州(九州の方々中心に活動)で発売し、2020年である今年、40周年を迎えた製品です。九州の方々を中心に深く愛される製品となるため、販売エリアを限定し(製品によりけり)、製品開発・プロモーションを考えています。」

「九州中心(製品により近畿以西)に販売しており、東京都は販売エリアとしておりません。1983年~2008年まで全国発売をしておりましたが、「うまかっちゃん」の豚骨特有の香りが、なかなか全国的には受け入れられませんでした。

もともと1979年に『九州の味ラーメン』として発売した製品なので、九州を中心とした販売エリアに限定したほうが、より九州に合った製品開発・プロモーション実施につながると考えました。」

うまかっちゃんをおいしく作る調理法

Photo by 吉田 鈴

うまかっちゃんをよりおいしく作るためのコツをご紹介します。

まず鍋にお湯を沸騰させます。次に麺を入れ、30秒たったら裏返します。また30秒たったら裏返し、麺を箸で軽くほぐします。さらに1分たったら、また麺をほぐします。

火加減は最後まで強火のまま。粉末調味料は火を止めてから加えます。調味オイルがある場合は、丼に移してから入れると香りが立ちます。

うまかっちゃんのアレンジレシピ6選

1. 餃子ラーメン

Photo by 吉田 鈴

冷凍餃子を焼いて、小ねぎの小口切りをたっぷり散らしました。ラーメンと餃子は定番の組み合わせなので、トッピングしても相性バッチリ。冷凍餃子を焼いてのせるだけなのに、簡単にボリュームアップできますよ。

小ねぎを高菜に変えると、よりいっそう九州っぽい味に!どの味のうまかっちゃんにも合うアレンジです。

2. キムチ&Wごまラーメン

Photo by 吉田 鈴

うまかっちゃんに、キムチとすりごま、ごま油をかけただけの簡単なアレンジです。簡単なのに、ぐっと本格的なラーメンの味になります!

キムチの辛味と、ごまのコクがとんこつのクセをマイルドにしてくれますよ。すりごまはぜひ、たっぷりかけてください。ごま油を使うので、調味オイルがないタイプのうまかっちゃんで作るのがおすすめ。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS