調理方法

調理方法は、生のキャベツを粗目の千切りか、ざく切りで食べるのがおすすめです。生のキャベツが苦手な方は、軽く湯通しても構いません。

キャベツに含まれるビタミンCやUは熱に弱いので、火の通し過ぎにご注意ください。ビタミンUは、キャベジンともいわれ、胃酸の分泌を抑制したり、胃腸粘膜の新陳代謝を促進する作用があります。(※5,9)

合わせる調味料

カロリーが低いノンオイルドレッシングが、おすすめです。

和風ノンオイルドレッシングのカロリーは、100gあたり82kcalですが、フレンチドレッシングは、406kcalとおよそ5倍あります。市販のものでも構いませんが、レモンやゆず果汁を使って、ドレッシングを手作りするのも飽きずに続ける方法です。(※10)

キャベツダイエットの効果がでるのはいつ?

キャベツダイエットに即効性はありません。無理をせず、気長に続けましょう。たとえば外食をするとき、その日のキャベツダイエットを休んで、次の日から再開しても問題ありません。自分に合ったペースで続けることが大切です。個人差がありますが、少なくとも1~6カ月ほど続けるようにしてください。

健康的に痩せるには、規則正しい食生活と適度な運動が大切です。また変調をきたす場合は、すぐにダイエットをやめてくださいね。

キャベツダイエットの注意点

キャベツには、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養素が多く含まれていますが、不足している栄養素もあります。栄養不足は、リバウンドや体調不良を引き起こすことに。

食前に食べるキャベツは適量を守り、栄養バランスの良い食事を取るようにしましょう。特にたんぱく質には、空腹感を抑え満腹感を得る作用があります。魚や脂質が少ない肉、卵、豆腐は、たんぱく質が豊富です。(※11)

低カロリー!ダイエットに使えるおすすめレシピ10選

1. おからパウダー入りお好み焼き

Photo by macaroni

薄力粉の代わりに、おからパウダーを使用したお好み焼きです。長芋が入っているので、ふわふわ食感の仕上がりになります。長芋の糖質は12.9g、じゃがいもは16.3g、さつまいもは30.3gなので、比較的低くヘルシーです。低糖質ダイエット中の方にも、おすすめのレシピです。(100gあたりの値)(※12)

2. お豆腐ロールキャベツ

Photo by macaroni

鶏ひき肉と豆腐を使ったロールキャベツです。豆腐が入っているので、ふわふわな食感になります。鶏ひき肉は、豚ひき肉の236kcalや牛ひき肉の272kcalに比べてカロリーが低く186kcal。ヘルシーで食べ応えがあるひと品です。(100gあたりの値)(※13)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ