肌の健康をサポートする

キャベツに含まれるビタミンCは、皮膚のメラニン色素の生成を抑えて、日焼けを防ぐ作用があります。またキャベツに含まれる食物繊維によって、便秘による肌荒れの対策につながります。

便秘になると腸内に増えた悪玉菌が、アンモニアやアミンなどの有害物質を作ります。有害物質は、体内に吸収され、血液によって全身をめぐり一部が汗と一緒に出て、肌を刺激し、肌荒れの原因にもつながります。(※5,6)

キャベツダイエットのやり方

一般的なやり方

キャベツダイエットとは、昼食と夕食の食前にざく切りの生のキャベツを食べるダイエット法。

キャベツを食べてお腹を少し膨らませたあとに、おかず、ご飯の順に食べることで、食事の量を自ずと減らせるのです。しっかり時間をかけて噛むことでも満腹感は得やすくなり、食べ過ぎの対策になります。(※4)

夕食だけ取り組むのもおすすめ

食事の前にカロリーが低いキャベツを食べる方法は、理にかなったダイエット方法です。昼食と夕食の両方が無理なときは、夕食だけでも問題ありません。

特に遅い時間にカロリーが高い夕食を取ることは、肥満につながるため、夕食時にキャベツダイエットを取り入れて食事量を調節しましょう。無理をせず、続けることが大切です。またキャベツを食べたあとに取る食事は、主食・主菜・副菜をそろえた栄養バランスが良い食事を取るように心がけましょう。(※7)

キャベツダイエットをする上で気をつけること

食べるタイミング

昼食と夕食の食前に、まずキャベツを食べましょう。そうすることで、あとから食べる食事の量が減らせます。野菜を最初に食べると血糖値の上昇を抑えるだけでなく、脂質の吸収を抑制する作用も期待できます。(※8)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ