ライター : macaroni編集部レポート

macaroni編集部の取材アカウントです。注目の新店舗やイベント・グルメフェスへ、macaroni編集部員が足を運び、最新のレポートをお届けします。

濃厚さNo.1?話題のバナナジュース専門店

2019年にテレビ番組で火がついたバナナジュースブームにのり、各地にバナナジュース専門店のオープンが続いています。甘く濃厚なバナナジュースって、誰もを虜にする素朴な魅力があり、飲むだけで幸せな気持ちになれるんですよね。

今回ご紹介するお店は、神保町にある「BANANA STAND(バナナスタンド)」。なんでも、バナナをまるごと2本使った超濃厚なバナナジュースが味わえるんだとか……。

神保町「BANANA STAND(バナナスタンド)」

Photo by macaroni

2019年8月に神保町にオープンしたバナナスタンドは、東京メトロ半蔵門線「神保町駅」を下車し歩くこと約2分の場所にあります。地下鉄で向かう場合は、A7番出口から地上に出ると道沿いにお店が見つかるので、迷うことはありません。

黄色い看板を見逃さないで!

Photo by macaroni

ただし、1階が「東京焼き麺スタンド」という焼きそば屋さんになっていて、外見は完全に焼きそば屋さんなので、ぼーっと歩いていると見逃してしまうことも……。

やや小さめではありますが、「バナナやってます」「バナナジュース専門店」と書かれた黄色い看板を目印に、見逃さないように歩いてくださいね!

定休日はなし!仕事終わりでも行ける

Photo by macaroni

ちなみに定休日はなく、平日は11:00〜19:00、土日は11:00〜17:00に営業しています。

気になる味は…?濃厚なシェイク風バナナジュース

Photo by macaroni

価格:通常サイズ 450円/ミニサイズ 200円(いずれも税込)
商品名は「バナナジュース」ですが、実際に飲んでみるとシェイクのような濃厚さです。バナナの繊維感が強くもったりとしているので、ストローを吸うときにはかなりの吸引力が必要になります。が、その分満足度が高く、すりつぶしたバナナをそのまま食べているような感覚です。

それもそのはず、バナナスタンドのバナナジュースには、一杯あたり2本分のバナナが使われているそう。バナナ2本って、かなりの量ですよね。砂糖を一切使わず、牛乳とバナナのみで作られたバナナジュースは、驚くほどの甘さ。

厳選された糖度の高いバナナを使うことで、自然な甘さを出すことにこだわっているんだとか。さすがバナナジュース専門店です……!

なめらかな飲み口には秘訣が…!

バナナ2本分を使っているわりにとろけるようななめらかな飲み口の秘密は、一般家庭用の5倍のパワーを持つブレンダーにあるんだそう。ハイパワーなブレンダーにかけることで、バナナの細胞が分子レベルでなめらかになり、ファイトケミカル(抗酸化物質)の摂取が可能になるそうです。

さらに、食物繊維やビタミンB群が豊富なので健康志向の方のおやつにもぴったり。集中力を高める働きが期待でき、ストレスの緩和に効果があるとされるセロトニンも含まれていますよ。
Photos:4枚
バナナスタンドの外観
バナナジュース専門店と書かれたバナナスタンドの黄色い看板
バナナスタンドの店内に貼られたバナナジュースの説明
バナナスタンドの店内に貼られたバナナジュースの説明
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS