ライター : 嶋田コータロー

お土産マイスター

兵庫県在住のお土産マイスター(観光特産士マイスター保有)。子供のころから甘党で初恋の相手はおはぎ。各地の銘菓やご当地モノに目がなく、これまで500以上のお土産菓子を食べてきま…もっとみる

大分県のお土産は南蛮由来のものから新名物までいろいろ!

Photo by 嶋田コータロー

「大分県のおいしい定番土産ってなんだろう?」「友達に喜んでもらえそうなオシャレなお土産あるかな?」

そう思っている人に向けて、500以上のお土産を食べてきた筆者がおすすめのお土産を紹介します。南蛮文化をいち早く取り入れた大分県ならでのお土産や、じわじわと人気が出てきているものも選んでいるので、ぜひチェックしてみてください!

ライター紹介

お土産マイスター 嶋田コータロー

お土産愛好家。観光特産士2級を保有。全国各地500以上のお土産菓子についてWebメディアでの執筆経験あり。お土産の中でも特に和菓子が好きで、あんこには目がない。おいしいお土産を探すのが生活の一部になっている。

1. 大分土産の定番!「ざびえる」

Photo by 嶋田コータロー

5個入り458円(税込)
まずは大分県の定番土産「ざびえる」をご紹介しましょう。1551年に大分県を訪れた宣教師「フランシスコ・ザビエル」にちなんだ、和と洋のテイストがある南蛮風のお菓子

一度食べたらリピートしたくなる味わいでSNS上でも高評価が多く、筆者も好物のひとつです。和洋折衷のお菓子が好きな人へのお土産にいかがでしょうか。

Photo by 嶋田コータロー

ざびえるの味には2種類あり、個包装の「金」には餡とラム酒漬けの刻みレーズンが、「銀」には白餡のみが入っています。金のほうはラム酒と餡の甘みのバランスが絶妙で、バター風味の生地とも相性抜群です。コーヒー、紅茶どちらとも合うので、休憩タイムのおやつにぜひ♪

賞味期限

常温で30日間

購入できる場所

トキハデパート、大分空港、別府港サービスエリアほかで購入できます。

2. 大分名物が煎餅に!「謎のとり天せんべい」

Photo by 嶋田コータロー

14枚入り600円(税抜)
一体どんなお菓子なんだろう?と興味が湧いてくる「謎のとり天せんべい」は、大分県の郷土料理・とり天を煎餅で楽しめるお土産です。お手頃な値段なので、バラマキ用のお土産としても重宝しそう!

Photo by 嶋田コータロー

鶏のから揚げの味がして、お茶やビールが欲しくなる煎餅ですよ。薄焼きでパリパリして食べやすいので、ちょっとしたおやつにもぴったり♪ とり天せんべいのシリーズとして「極みのとり天せんべい」や「幻のとり天せんべい」も販売されています。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS