料理は適量を調理しよう

家族が残したおかずを「もったいないから」と食べる習慣がある方は要注意。エネルギーや糖質のとりすぎにつながるため、適量を調理するか、冷蔵保存して翌日食べるようにしましょう。

手軽に作れる麺類には要注意

手軽に作れる麺類にも注意が必要です。たとえばパスタに市販のソースをかけるだけだと、主菜や副菜が不足してしまいます。野菜サラダや目玉焼きなどのおかずを組み合わせ、食事のバランスを整えましょう。

甘いデザートも低カロリーな食材に変更

プリンやアイスなどといった甘いデザートを食後に食べるのはひかえるのがベター。どうしても食べたい場合は、低カロリーな寒天ゼリーや、食物繊維を多く含む果物を選ぶとよいですよ。

痩せる食事の献立例【和食編】

主食「ごぼうとそぼろの炊き込みごはん」

Photo by macaroni

食物繊維が豊富なごぼうを使った炊き込みごはん。甘辛い味付けがよく合いますよ。

炊き込みごはんは、ダイエット中におすすめの主食です。野菜や肉類などの具材をたっぷり食べ、糖質を多く含むごはんの量を無理なく調整しましょう。

主菜「鮭ともやしのレンジ蒸し」

Photo by macaroni

鮭を低カロリーなもやしや豆苗と合わせ、電子レンジで蒸したひと品です。ネギだれをたっぷりかけて食べましょう。

食事のカロリーを調整するには、調理法も重要。揚げる、炒めるなどは調理油の使用量が増えがちです。蒸す、煮るなどヘルシーな調理法を選びましょう。

副菜「きゅうりとわかめの酢の物」

Photo by macaroni

和食のサブおかずの定番、きゅうりとわかめの酢の物です。低カロリーな食材だけで作れるので、ダイエット中の食事にぴったりですよ。

すべてのおかずをヘルシーに仕上げるのがむずかしい場合は、副菜だけでも低カロリーな食材を使うことを意識しましょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS