最速14分で炊ける!「おひとりさま用 超高速弁当箱炊飯器」の使いごこちをレビュー

仕事の合間のランチは、毎日のささやかな楽しみ。「超高速弁当箱」なら、炊飯器がなくても炊き立てごはんが食べられます。なんと、最速14分で炊飯できるんだとか…。話題の超高速弁当箱を実際に使い、その使い方や注意点、味をどこよりも細かくレポートします!

2019年12月23日 更新

史上最速の炊き上がり!?「炊飯弁当箱」が誕生!

Photo by muccinpurin

ランチの時間は、仕事の合間のささやかな楽しみのひとつ。オフィスのレンジで温めるという手もありますが、炊き立てのごはんが食べられたとしたら、毎日の食事がもっと充実すると思いませんか? そんな想いを叶える商品が、サンコー株式会社から発売されました。その名も「おひとりさま用超高速弁当箱炊飯器」。 これさえあれば、オフィスで炊きたてホカホカごはんのランチも夢じゃありません。 「本当にちゃんとご飯が炊けるの?」というギモンを、実際に使ってたしかめます!

サンコー「おひとりさま用超高速弁当箱炊飯器」

Photo by muccinpurin

「おひとりさま用超高速弁当箱炊飯器」6,980円(税込)
届いた箱をさっそく手にとってみると「ちょっと大きめのお弁当箱だな」という印象。 本体底辺に強力なヒーターが張り巡らされていて、最短14分(0.5合の場合)で炊飯することが可能なのだとか。

Photo by muccinpurin

セット内容は本体、蓋、ミニサイズの計量カップ、コードの4種類ととてもシンプルです。使う前にその魅力をいくつかご紹介していきましょう。

炊飯器としては超小型!持ち運びも楽々

炊飯器そのものの重さはなんと840g。毎日の通勤で持ち運ぶのは面倒ですが、オフィスや出先に持ち運ぶのにも問題ない軽さです。 たとえば車で長距離移動する際にも、電源さえ確保できれば使用可能。これは、アイデアしだいでいろいろな活用法がありそうですね。 ひとり分だけごはんを炊きたいときや、モノを増やしたくないミニマリスト志向の方にもフィットしそうな予感……!

最短14分でごはんが炊ける!

0.5合なら約14分、最大量の1合なら19分で炊飯が可能。 朝のうちに水と米をセットしておき、ランチの直前にスイッチをいれれば、休憩開始とともに炊き立てのごはんにありつけます。ただし、ごはんが炊ける香りでお腹がぐぅ~っと鳴るのは我慢して!

気になる使い方は?実際にごはんを炊いてみた

さっそく、ごはんを炊いてみました。筆者は在宅ワーカーですが、なるべくオフィス(や自宅以外)に近い環境を想定して使っています。

1. 研いだ米と水をセットする

Photo by muccinpurin

研いだ米と分量の水をセットします。オフィスや外出先で使う場合は、無洗米やミネラルウォーターを準備しておくと便利ですね。本体の内側に水のメモリが付いていますが、やや見にくいのが難点でしょうか。 浸水したい場合は、朝のうちにスープジャーなどに米と水を計量して準備しておくとスムーズです。 0.5合か1合を選べますが、今回は1合を炊いていきます。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS