19. 本物のグリーンカレーを楽しみたい方必見「タイカレーグリーン」

ITEM

ヤマモリ タイカレーグリーン 180g ×5個

180g ×5個

¥1,642 ※2019年12月08日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

青唐辛子の辛さとココナッツミルクの甘みがクセになると人気のグリーンカレーです。タイでしかとれない野菜やスパイスが使われており、本場の味が忠実に再現されているひと品。スパイシーな味わいの中に甘みが感じれ、チキンがゴロっと入っているのでボリューム感もありますよ。

20. グリーンカレー通をもうならせた「チキンとタイカレー グリーン」

ITEM

いなば チキンとタイカレーグリーン 125g×24個

125g×24個

¥2,320 ※2019年12月08日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

グリーンカレー初心者さんにはこちらが絶対おすすめ!さわやかな辛さと隠し味のナンプラーがクセになると、発売から大人気のひと品です。青唐辛子のピリッとした刺激と大きめのチキンが特徴。辛味が強いのでそこだけ注意ですが、ストックのしやすい缶タイプ、お手頃価格なのもうれしいですね♪

21. お湯だけでカレーが食べられる!?「日清カレーメシ ビーフ」

ITEM

日清食品 日清カレーメシ ビーフ 107g×6個

107g×6個

¥1,296 ※2019年12月08日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

レトルトカレーというとパウチのルウだけのもので、お米は自分で用意するのが一般的ですが、こちらはカップタイプでお米を用意する必要もなし。お湯を注ぐだけでカレーが食べられる、究極のお手軽商品です。お味はビーフと玉ねぎのコクがしっかり効いた文句なしのおいしさ。味のバリエーションが豊富なので食べ比べをするのもおすすめです。

【味噌汁・スープ】おすすめインスタント食品7選

22. あのCMで不動の人気を獲得した「永谷園あさげ」

ITEM

永谷園 生タイプみそ汁 あさげ 徳用10食入

10食入

¥259 ※2019年12月08日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

インスタントのお味噌汁で外せない「永谷園あさげ」はすっきりとしつつも香り高い出汁が効いたひと品。わっか状のお麩が浮いたビジュアルは、なんだか惹かれますよね♪ どんな料理にも相性のよい合わせ味噌を使っているので、ストックしておくと重宝すること間違いなし。

23. 毎日いろんな具の味噌汁を楽しみたい方へ「みそ汁太郎」

ITEM

永谷園 みそ汁太郎 24食 ×2袋

24食×2袋

¥858 ※2019年12月08日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

いろんな具材を楽しみたいなら、バラエティパックがおすすめです。こちらは定番の豆腐、わかめ、油あげをはじめとした6種が入っており、気分によって、その日の献立によって選べるのがうれしいポイント。永谷園が作っているものなので、味噌汁そのものの味もお墨付きです。

24. パスタ入りでお腹も満足「スープDELI バラエティボックス」

ITEM

クノール スープDELI バラエティボックス 18袋入 トマト/きのこ/たらこ

18袋入

¥1,710 ※2019年12月08日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

寒い冬の朝食や、疲れて帰ってきたときに飲みたくなる「スープDERI」のバラエティパックです。きのこクリーム、たらこクリームはミルクの濃厚な味が、完熟トマトは濃縮されたトマトの旨味と酸味が楽しめます。パスタ入りなので小腹が空いたときにもおすすめ。ホッとひと息つきたいときに、いかがですか?
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS