13. フライパンで香ばしさをプラスして「日清 焼そば」

ITEM

日清焼そば 5食P×6個

5食×6個

¥3,165 ※2019年12月07日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

数あるインスタント焼きそばの中でもおすすめなのがこちら。スパイスが効いたパンチのあるソースと付属の青のりの風味が絶妙で発売以来、幅広い層に愛されています。こちらの商品は炒めて作るため、カップタイプの焼きそばと香ばしさが段違い!生麺タイプにも負けないおいしさを、ぜひご賞味あれ♪

14. エビの旨味がおそってくる「インスタントヌードル トムヤムシュリンプ」

ITEM

ヤムヤム タイラーメン 70g 5食入 X 6 (30食) (トムヤムシュリンプクリーミー)

70g5食入×6

¥2,900 ※2019年12月07日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

エスニック料理が注目を浴びている中で、本格的な味わいをインスタントでも手軽に楽しめると女性を中心に話題沸騰中!適度な辛さと酸味がクセになると人気の商品です。後からじわじわと広がるエビの旨味がクセになること間違いなし。お好みでライムやパクチーを添えると本場顔負けのラーメンができますよ。

【カレー】おすすめインスタント食品7選

15. スパイスがしっかり効いた「カリー屋カレー中辛」

ITEM

ハウス食品 カリー屋カレー中辛 200g

200g

¥103 ※2019年12月07日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

29種類のスパイスを独自の配合でブレンドした、香り高いカレーです。立ち込める香りが食欲をそそり、コクと深みのある味わいが口の中に広がります。中辛はマイルドな辛味なので誰でも食べやすく、毎日でも食べたくなるようだと人気のカレーです。

16. 洋食屋さんの贅沢カレーをご家庭でも「銀座カリー 中辛」

ITEM

銀座カリー 中辛 180g×5個

180g×5個

¥999 ※2019年12月07日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

贅沢さにこだわった「銀座カリー」。牛肉を使うことで重厚な旨味をだし、ソテーオニオンの甘みをプラス、昔ながらの洋食屋さんで食べられるようなカレーに仕上げました。じっくり煮込んだホロホロのお肉は絶品。すっきりとした後味のルウもご飯がどんどん進みます♪ 洋食屋さんの味を食べたいならコレで決まり!

17. おうちカレーを再現「ボンカレーゴールド 【中辛】」

ITEM

大塚食品 ボンカレーゴールド 【中辛】 180g×5個

180g×5個

¥746 ※2019年12月07日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

発売から50年も経つ、レトルトカレーの定番「ボンカレー」。どこかなつかしさを思わせる、飽きのこない味がロングセラーの秘訣です。国産野菜をふんだんに使ったやさしい甘みが堪能でき、ゴロっと入った具材も食べ応え満点。中辛だと程よい辛さと甘みのバランスがいいですよ。

18. ガッツリ感がほしいなら「ゴーゴーカレー レトルトカレー」

ITEM

ゴーゴーカレー レトルトカレー 中辛 5箱10食 まとめ買い セット 詰め合わせ カレー レトルト 防災 長期

2袋入×5箱

¥2,850 ※2019年12月07日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

カレーのお店「ゴーゴーカレー」がレトルトになって登場!こってり重厚な味とドロッとした食べ応えのある口あたりはお店のものとそっくりだと大人気です。じっくりと煮込んだ真っ黒なルウはそのままでも、お店と同じくカツをのせて食べても大満足間違いなし。お店の味を手軽にご家庭でも食べられるのもうれしいひと品です。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS