レンチンで絶品!? ローソンで話題の「とろテ~ラ」「とろチ~」が想像以上のとろけ加減

新しいブームが次々と生まれるコンビニスイーツ。今回ご紹介するローソンの「とろテ~ラ」「とろチ~」もヒットの予感がプンプンする逸材です。卵黄ソースを閉じ込めたカステラと、チーズクリームを忍ばせたケーキの2種を食べ比べてみました♪

2019年11月28日 更新

レンジで味変!? ローソンの新作スイーツを食べ比べ♪

とろチ~とろテ~ラのパッケージ

Photo by muccinpurin

2019年11月26日(火)から発売中の「とろテ~ラ」「とろチ~」は、そのままはもちろん、レンジで温めると味が変化するという変わり種スイーツ。

冷え込みが強まってきた今にぴったりのスイーツ2種を、実際に食べてレポートいたします!

とろっとカステラ「とろテ〜ラ 」

とろテ~ラのパッケージ

Photo by muccinpurin

「とろテ〜ラ -とろっとカステラ-」
230円(税込)

まずは「とろテ〜ラ -とろっとカステラ-」からご紹介します。

“とろテ~ラ” は “とろっとろカステラ” の略で、写真では見えにくいですがパッケージ左下にはとろけたカステラのイメージ図がのっています。まるで卵黄を箸で割ったときのようなとろ~りとしたビジュアルがインパクト抜群! 本当にこんな風にとろけたら感動ものだな、と思いつつパッケージを開けてみました。
丸ごとのカステラ

Photo by muccinpurin

白い紙に包まれた「とろテ〜ラ」が、食欲をそそる美しい焼き色とともに登場です!一切のムラがない、均一な焼き色はさすがプロの仕事といった印象ですね。

ちなみにこちら、コンビニ・スーパーのスイーツ製造でおなじみの「モンテール」が製造しています。モンテールのスイーツは安いのにクオリティが高く、おやつにもぴったりなんですよね。
半分にカットしたカステラ

Photo by muccinpurin

冷たいまま半分にカットするとこんな感じです。キメの細かいカステラ生地の中心に、うっすらと卵黄ソースが見えますね。

卵黄ソースもそうですが、生地も黄色が強いので卵黄を多く使っているのかもしれません。ケーキ屋さんの店内と同じ、卵と砂糖が合わさった甘~い香りが漂います。なんとなく、癒しの香りです。

試しにそのまま食べてみましたが、卵の味が濃く、素朴で懐かしさを感じるカステラの味がしました。これは、子どもも大人も好きそうな味!

チンしてみると…

半分にカットしたカステラ

Photo by muccinpurin

さあ、お楽しみのレンジタイムです! 1500wなら10秒、500wなら20秒ほどレンジにかけます。

パッケージの写真のようにとろ~りとはいきませんでしたが、冷たいときと比べて明らかに卵黄ソースがとろけているのがわかりました。写真でお伝えできないのが申し訳ないんですが、先ほどよりも卵黄の香りが強く、ますますおいしそうな雰囲気に♪

カステラ自体もやわらかさを増し、卵黄ソースがしみ込んだ生地はじゅわっと濃厚! 噛むほどに甘く、コクがある卵黄ソースが染み出して、リッチな気分が味わえました。

とろっとチーズ「とろチ〜」

とろチ~のパッケージ

Photo by muccinpurin

「とろチ〜 -とろっとチーズ-」
240円(税込)

さて、続いては「とろチ〜 -とろっとチーズ-」を試食してみましょう!

濃厚なチーズケーキのなかに、チーズクリームを包んでいるという「とろチ~」は、ずっしりと重く、食べる前から濃厚さに期待がかかります。
丸ごとのチーズケーキ

Photo by muccinpurin

見た目は普通のベイクドチーズケーキといったところです。通常のベイクドチーズケーキと比べると若干、焼き色が薄いかもしれませんね。

プラスチックのカップに入ったチーズケーキからは、ふわ~っとやさしいチーズが香ります。さっきカステラを食べたばかりなのに、まだチーズケーキが入るお腹が残っていそうです。さっそく食べてみましょう!
半分にカットしたチーズケーキ

Photo by muccinpurin

カットしてみると、ケーキの中央に広い範囲でしっかりとチーズクリームが埋め込まれているのがわかります。先ほどのカステラの卵黄ソースよりもわかりやすく、しかも量も多めに見えますね。

チーズクリームは冷たいままでもやわらかく、ねっとりと濃厚。ベイクドチーズケーキもフォークにまとわりつくような目が詰まった濃厚タイプでした。チーズクリームはやや酸味が強めに作られているので、ケーキの部分と合わさってちょうどいいバランスに♪

チンしてみると…

チーズが溶け出したケーキ

Photo by muccinpurin

こちらもレンジにかける時間は、1500wなら10秒、500wなら20秒ほど。あらかじめカットしてからレンジにかけてみると、写真のようにチーズクリームがとろ~りとあふれ出しました。これは面白い!

温めることでチーズの香りが強くなり、モッツアレラチーズが入っているので伸びがよくなります。残念ながらカメラを構えていたので伸びた様子は写真に収められませんでしたが、チーズケーキとは思えない伸びだったので、実際に確かめてみてくださいね。

驚いたのは、チーズクリームにバニラビーンズが使われていること! 高級なバニラビーンズを使うことで、香り高くリッチな味わいを演出していました。

これはぜひともチンすべき!

とろチ~とろテ~ラのパッケージ

Photo by muccinpurin

そのままでも十分おいしい「とろチ~」と「とろテ~ラ」でしたが、ほんの数十秒チンするだけで、香りも食感も変わるのがちょっぴり得した気分でした。

レンジでチンするだけで特別感が加わり、より一層おいしく感じられました。おうちカフェにはぴったりのスイーツ、ぜひ試してみてくださいね♪
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

製菓衛生士/muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう