ねっとり濃厚。ファミマのフローズンスイーツ「スイートポテト」が未体験の口どけ

秋の味覚といえば外せないさつまいもですが、いまファミマではスイートポテトのアイスが登場していると話題に。焼きたてのホクホクこそスイートポテトのよさだと思いつつ実際食べてみると、新しいスイートポテトの魅力に気づいてしまいました…。芋好きにはたまらないひと品を実食レポートします!

2019年11月27日 更新

こんなの初めて…! 冷たいスイートポテトって?

フローズンスイートポテトのパッケージとアイス

Photo by muccinpurin

さつまいもを使ったスイーツといえばスイートポテトが有名ですよね。

今回ご紹介するのは、なんと冷たいスイートポテト。ファミリーマート限定で発売され、じわじわと人気を集めているんだとか……。焼きたてじゃないスイートポテトって、一体どういうこと!?

ファミリーマート「フローズンスイーツ スイートポテト」

フローズンスイーツ スイートポテトのパッケージ

Photo by muccinpurin

「フローズンスイーツ スイートポテト」198円(税込)

「フローズンスイーツ スイートポテト」は、アイスの老舗メーカー・赤城乳業が手掛け、ファミリーマートだけで限定販売されています。

ふかしてつぶしたさつまいもに砂糖やバターを加え、卵を塗ってツヤツヤに焼き上げたスイートポテトは、さつまいものリッチ版とも言える、秋の定番スイーツですよね。そんなスイートポテトが冷たいって、にわかに想像できません……。
袋から出したスイートポテトアイス

Photo by muccinpurin

芋好きな筆者としては、アイスになったスイートポテトがどんな感じか気になります。

はやる気持ちを抑えつつ、このまま眺めて溶けてしまってもいけない、とパッケージを開けると、黄色いアイスバーが登場。なるほど、パッケージの香ばしい焼き色が付いたスイートポテトはイメージ写真でした。

ちょっぴり拍子抜けしましたが、バーが付いていた方が食べやすいですし、それには納得です。

アイスなのにちゃんとさつまいもだ!

半分にカットして手に盛ったスイートポテトアイス

Photo by muccinpurin

食べる前に中身が気になるので、半分にカットしてみましょう。アイスの表面は薄いチョコレートでコーティングされていて、ナイフを入れるとパリパリッと音を立てて割れていきます。これは、冷凍庫から出してすぐ食べたときならではの食感です。

パリッと音を立てて割れるチョコレートのなかには、主役のアイスが!このアイスの食感が、これまで体験したことのないようなねっとり感でとても新鮮です。芋類特有のざらざらとした食感を残しつつも、アイスそのものはかなりなめらかなのが食べれば食べるほど不思議……。

スイートポテト表面の焼き色からくる香ばしさこそないものの、ただのさつまいもではない、濃厚でなめらかなスイートポテトの存在をしっかりと感じます。
半分にカットしたスイートポテトアイス

Photo by muccinpurin

アイスをなめるというよりも、アイスを食べると表現したくなるほどの食感。ねっとりとした口当たりがクセになり、ぺろぺろではなくもぐもぐ食べ進みます。気のせいか、アイスらしいキーンと冷たい感じもほかと比べて少ないような……。

アイスにかじりつくと毎回パリッとした音を立てて割れるチョコレートもなんだか愛しく、不思議食感のアイスはすっかりと芋好きの筆者を魅了し、お腹の中に消えていきました。もう一本食べたい……。

これは…完売前にもっと食べたい!

袋から出したスイートポテトアイス

Photo by muccinpurin

さつまいもの存在を大いに感じるねっとり食感のアイスと、絶妙な薄さのチョコレートコーティング。この組み合わせがここまでおいしいだなんて、食べる前は想像もしていませんでした。

たかがさつまいもアイスと思っていると、いい意味で裏切られちゃいますよ。
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。

商品情報

■商品名:フローズンスイーツ スイートポテト
■価格:198円(税込)
■カロリー:1本あたり281kcal
■販売場所:全国のファミリーマート各店
※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

製菓衛生士/muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう